サンプルアイチャッチ

NPO法人制度とは?

NPO法人制度とは特定非営利活動促進法に基づき、特定非営利活動を行う団体に対して法人格を与えて、ボランティア活動や市民の自由な社会貢献活動が行えるようにしたものです。ボランティア活動、社会貢献活動等を非営利で行うにあたって法人格を得ることで大きな取引や信用度を高めることが可能になりました。

ボランティア活動や社会貢献活動は、NPO法人制度ができる前ですと、「権利能力無き社団」という団体扱いになっていて、責任関係や財産管理など活動において動きにくく、まとまりにくいという欠点がありました。また、特に問題になるのが契約関係になります。自治会やマンションの管理組合など目的が一義的ではっきりしているものでしたら契約関係も比較的スムーズに進むかと思いますが、ボランティアや社会貢献といったものですと、目的が幅広くありますのでスムーズにいかないことも多かったのです。

そこで法人格を得ることで契約を滞りなく進めることができるようになりました。さらには、信用度も増すことになり、財産管理もしやすくなりました。

 

特定非営利活動とは?

特定非営利活動とは、簡単に述べますと20の分野に渡ったボランティアや社会貢献的な活動になります。これらの活動は不特定の人、多数の人へ利益をもたらすことが大きな目的になっています。主な分野は、文化、芸術、スポーツ、医療等で私たちの身近にあるものです。行政だけでは賄いきれない細かいところでNPO法人の活躍の場があると言ってもいいでしょう。

NPO法人の責任

特定非営利活動を行うNPO法人は非営利な範囲において自由な経済活動を行えるよう自主的な情報開示地と自主的な管理監督システムを負わせることとしています。従いまして、毎事業年度初めの三月以内に前事業年度の事業報告書等を作成し、全ての事務所において備置き、その社員及び利害関係者に閲覧させる義務を負います。 また条例により所轄庁に毎事業年度につき1回事業活動の報告書を提出する責任があります。

NPO法人に法律違反等があった場合には所轄庁より報告書の提出や改善命令を受けたりします。また悪質性が認められた場合は認証の取り消しを受けることもあるので注意が必要になります。

所轄庁とは

主たるNPO法人の事務所が所在する都道府県等の知事または、指定都市の長となります。