20代で薄毛になる原因と5つの対策|悪化させる間違った対処法も解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛は中高年ばかりが関係する髪のトラブルではありません。20代という若さでも髪のボリュームが減り、頭皮が露出するケースもままあるのです。しかも昨今では悩める20代の割合が増えていると言われています。
そこで今回は、そんな20代の薄毛の原因から対策方法まで詳しくご紹介していきたいと思います。

20代の薄毛の原因

①AGA

原因として考えられるのがAGAという症状です。これは男性型脱毛症と呼ばれるもので、強力に抜け毛を促進することで知られています。男性ホルモンが起因する症状のため、誰にでも起こり得ると言えますが、20代の場合は遺伝を疑ってみた方が良いかもしれません。

発症しやすい体質というのは子供にも遺伝する可能性があるため、言わば血筋の問題で引き起こされていることも考えられます。特に家族に薄毛の人がいる場合は遺伝が原因の可能性が高いと言えるでしょう。

ただし、あくまでも体質が遺伝するものであり、薄毛そのものが遺伝するわけではありません。しっかりと対策を講じることで防げることもあるため、血筋だからと簡単に諦める必要はないのです。

②カラー・パーマを頻繁にしている人

ヘアカラーやパーマなどをよく利用する20代も注意が必要です。カラーリングやパーマ液などの薬品には頭皮及び髪へのダメージになる成分も含まれているため、頻繁に行う人ほど頭皮環境への負担が増してしまいます。

③睡眠不足

20代はまだまだ疲れを感じにくい年代だったり、遊びたい盛りだったりで夜遅くまで起きている人も少なくありません。しかし睡眠不足になることで髪が細くなり、薄毛に繋がる恐れがあります。

睡眠の質が落ちてしまうと、毛細血管への栄養や酸素の供給が上手くいかず、髪の成長を滞らせてしまいます。このような生活が続くと、髪の弱体化も慢性的になってしまうので注意が必要です。

④ストレスによる血管収縮で栄養が行き届かない

ストレスを感じることが多い20代も男性ホルモンの分泌を促進してしまうことで薄毛になってしまうリスクが高いとされています。

男性ホルモンは皮脂の分泌を活性化させて頭皮をべたべたにしたり、あるいはAGAの原因になったりすることがあります。また、血管収縮の原因にもなり得るため、血液の循環が阻害されて髪の成長を滞らせてしまう恐れもあるのです。ストレスは自覚していないこともありますので、心と向き合って上手に解消していくことが大切です。

⑤食生活の乱れ

食生活が乱れている20代も要注意です。例えば偏食があると髪に必要な栄養が不足してしまうので、育毛力も弱まってしまいます。髪の成長には栄養が欠かせないため、食生活によって非常に大きな影響を及ぼすことがあります。

特に不足しがちな栄養素の一つに亜鉛などの【ミネラル】や【ビタミン】が挙げられます。これらの成分は髪を作るための材料となる栄養素なので、不足することで髪の弱体化に直結します。

また髪の主たる成分である【タンパク質】も必要不可欠です。こうした成分を十分に摂取することで丈夫な髪が育ちやすくなるとされています。

20代の薄毛の対策

①睡眠の質にこだわる

薄毛対策をする上でのポイントに、まずは睡眠の質を高めることです。眠っている時に髪の成長が促進されるため、質の良い眠りは薄毛予防に効果的です。

例えば寝る前にホットミルクを飲むのが良いかもしれません。心を落ち着けてくれると共に、温かい飲み物を入れることで入眠がスムーズに行われやすくなるとされています。

②ストレスを発散する

ストレスを感じる20代はしっかりとストレス対策を行うことも心掛けた方が良いでしょう。例えば運動を行うのが効果的です。体を動かすことで気分をリフレッシュさせたり、血行を促進したりすることで髪の成長を手助けすることもできます。

③食生活の改善

髪のことを考えたら食生活の改善は必要不可欠です。特に20代の薄毛の場合は食事内容の乱れによって引き起こされることも多いため、早めに改善することで薄毛の進行を抑えることも期待できます。

食事について考える場合、三大栄養素を踏まえることが大切です。タンパク質や糖質、脂質のことですが、これらの栄養素は生命活動を営む上での必須の栄養素ですので、偏らないように摂取していく必要があります。

④アルコール・喫煙を控える

髪に良くない代表的な存在と言えば、アルコールやタバコです。アルコールを過剰摂取したりタバコを吸ったりするとビタミンが破壊されてしまいます。このビタミンCは髪の毛にとって大事な栄養素であり、この成分が消費が促進されれば髪は弱くなりやすく、ひいては薄毛リスクに繋がってしまいます。

一気に禁煙、禁酒は厳しいかもしれませんが、少しずつ本数や量を控えていくことで薄毛の進行を抑えることが可能になることも考えられます。

⑤有酸素運動を行う

運動を行うことは薄毛対策にも良いことであり、積極的に取り入れることが推奨されます。特におすすめと言えるのが有酸素運動です。

例えばウォーキングやジョギング、自転車などが該当しますが、有酸素運動はストレスの発散に繋がるだけでなく血液の巡りも良くすることが可能です。また、代謝の良い体を作り出すことにもなるため、細胞が活性化して薄毛リスクを軽減することも期待できます。

⑥育毛剤を使用する

手軽に行える薄毛の改善方法として育毛剤が挙げられます。医師の処方がいらず、入手方法も使用も比較的簡単に行えるため、多くのユーザーが使用しています。
しかし、流通している薬剤の中には、成分が不確かなものも多く、効果が実感できないなどのケースも少なくありません。そのため、育毛剤を使用する場合はその成分に注目することが大切です。

※厚生労働省が認可した育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」

「毛を育てる」

厚生労働省が認可している有効成分「センブリエキス、グリチルリチン酸、塩酸ジェフェンドラミン」の3種類が含有されていて、その確かな効果から定評があるチャップアップ(CHAPUP)は、その成分にこだわった育毛剤です。

一切の添加物や香料もなく、植物由来の成分を55種類、アミノ酸由来の成分を15種類配合しており、頭皮に優しく、かつ効果をしっかり実感できるようになっています。

チャップアップ公式サイトはコチラ

⑦シャンプーの見直しを行う

洗浄力が強いシャンプーを使用してしまうと肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌が皮脂を出そうと働きます。それにより、汚れがつきやすくなり細菌や炎症が起きやすくなるのです。このような症状が起こると毛根が弱まり抜け毛の原因となります。

このような状況を避けるためにも、薄毛に悩んでいる場合はアミノ酸系のシャンプーを使用すると良いとされています。このアミノ酸は皮膚や髪の毛を生成するたんぱく質の成分です。そのため、皮脂を余分に落としてしまうことなく、しっかりと洗浄した上で毛髪を労わることが出来ます。

※髪と頭皮に着目した「CUシャンプー」

「奇跡のシャンプー」
5種類のアミノ酸系洗浄成分のみで実現した絶妙な配合で構成された「CUシャンプー(チャップアップシャンプー)」はしっかりと洗浄しつつ、髪と頭皮を健やかな状態に保つことが可能なノンシリコンシャンプーです。

オーガニックエキス10種を配合してるほか、RO(逆浸透)膜による純度の高い水を使用しているなど随所に身体へのこだわりが見られ、髪の毛のハリやコシを与えることでボリュームアップを図ります。

チャップアップシャンプー公式サイトはコチラ

⑧クリニックでの治療

症状によってはクリニックでの治療を検討してみるのも良いでしょう。まだまだ髪のボリュームが多い傾向がある20代でも、時には深刻な薄毛に見舞われてしまうこともあります。その場合、自力での対策では力不足になることも考えられます。

クリニックで受けられる治療で代表的なのは、プロペシアやミノキシジルを用いたものです。これは主にAGA対策として行われるものであり、こうした治療薬は薄毛の改善効果が優れているとして知られています。

特に20代だと毛根の活動が活発なので、劇的に効果を発揮する可能性も高いです。こうした治療を始める年齢が上がると回復が難しくなるため、早めの治療が肝要と言えるでしょう。

間違った薄毛の対策方法

①育毛サロンでの頭皮ケア

髪のことで悩む20代がやらない方が良いという対策もあるのですが、例えば育毛サロンでの頭皮ケアです。特に頭皮をキレイにするだけの施術は、AGAに対して殆ど意味はありません。頭皮を清潔に保つことは確かに重要ではあるものの、徹底したクリーニングで毛穴の中からキレイにしようともAGA対策にはなりません。

男性ホルモンが起因する脱毛症ゆえ、表面的な対策だけでは脱毛の進行を抑制することはできません。それに育毛サロンではクリニックのように薬を使った対策はできず、効果が低めとなっていますので安易な利用に注意が必要です。

②カツラ・増毛

手っ取り早く薄毛を改善する方法として、カツラや増毛という選択肢があります。これらはボリュームを簡単に出すことができるので、手軽な薄毛のカバー方法として広く認知されています。

しかし定期的にメンテナンスをしたり、散髪も必要になったりと手間もかかる対策です。また自身の髪が生えるわけではないので、根本的な改善には繋がりません。それどころか、上から押さえつけられた状態が続くと血行が滞り、髪への負担になってしまい、残っている髪の寿命を短くする恐れもあります。

20代の薄毛が気になる方は一度クリニックでカウンセリングを受けましょう

若いうちから薄毛が気になる場合は、様々な対策方法があります。しかし誤った対応を行ってしまうと、かえって進行を早めてしまう可能性もあります。

そのため、より確実な対策を講じるには一度クリニックへ相談に行くことが効果的です。専門医に診てもらうことで薄毛の原因をはっきりさせると共に、適切な対策の仕方も明示してもらうことができます。カウンセリングだけでも利用できるクリニックも多いため、まずは状態だけでも聞いてみるのも一つの手と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*