育毛剤の副作用について|安全性やリスク、予防策などを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛を改善したくて育毛剤を使用したものの「効果が実感できない」「かゆみや発疹が出てきている」という方はいらっしゃると思います。こうした症状を放置してしまうと取り返しのつかない事態を招く危険性があります。

そこで今回はそんな育毛剤の副作用などについて詳しく紹介していきます。

そもそも育毛剤とは?

育毛剤とは、頭皮環境を整える成分が多く含まれており、いまある髪の毛を強く育てる効果が期待できる薬剤です。

発毛剤との違い

発毛剤と育毛剤、文字はそっくりですが、入っている成分や現れる効果は大きく違います。育毛剤は「現状維持」が目的の薬剤で現状の髪の毛を減少しないために頭皮の保湿・代謝アップ・炎症を抑えるなどの効果が期待できる成分が多く含まれています。

一方で、発毛剤は「発毛を促進させる」のが目的の薬剤で髪の毛を多く生成するために血行促進、毛母細胞の働きを促す効果をあげる成分が多く含まれています。

育毛剤は副作用が起こりにくい

育毛剤は、副作用が起こりにくい薬剤です。それは育毛剤が医薬部外品で自然由来の成分や栄養素を元に構成されている薬剤のため副作用が起こりにくいのです。

医薬品か医薬部外品

医薬品と医薬部外品は、目的が違います。主に症状を完治するために使われるのが医薬品、予防をするために使われるのが医薬部外品です。

そのため発毛剤は「医薬品」、育毛剤は「医薬部外品」と大部分は分けられています。

医薬部外品は、予防目的のため化学物質などが含まれておらず自然由来の成分や栄養素で構成されているため副作用が起こりにくいのですが、医薬品は、症状を完治させるために化学物質が含まれています。化学物質は、副作用を起こすリスクが高いですがその分症状を改善する効果は期待できます。

育毛剤においては医薬部外品の印象がある人も多いかもしれませんが、医薬品として登録されているものも存在しています。

育毛剤でまれに起こる症状

育毛剤は、副作用が起こりにくいと記載しましたが、医薬品である育毛剤の場合は、副作用が起こるリスクは高いです。その医薬品の育毛剤を使用した場合の症状は以下の4つです。

➀かゆみ、かぶれ、発疹

育毛剤の成分が頭皮に合わなくアレルギー反応のような症状でかゆみ、かぶれ、発疹が起こります。この症状を問題視せずに使用を継続した場合は、大量のフケに繋がり脂漏性皮膚炎を引き起こす場合があるため注意が必要です。

②循環器系・代謝系・精神系のトラブル

医薬品の育毛剤に含まれているミノキシジルには、これらのトラブルを起こす効果はないと厚生労働省で証明されています。そのためこの医薬品の育毛剤単体ではこれらのトラブルは発生しません。

しかし、この育毛剤を使用後になんらかの原因がきっかけとなり、これらの症状が現れる可能性はあるため注意が必要です。

育毛剤を使用する際は簡易テストを行おう

育毛剤には、簡易テストと言うものがあります。使用する育毛剤を1~2摘程腕に垂らし絆創膏などで留めて1~2日程度放置した際にかゆみや発疹が発生しなかった場合は、使用に何ら問題はありません。異常がでた場合は、使用は控えてください。

育毛剤を使用して何らかの異常が見られる場合はクリニックへ

育毛剤を使用してなんらかの異常が見られる場合は、早急にクリニックでの診断を受けてください。

最初の段階であれば、かゆみや発疹などの症状が現れるだけで我慢できるレベルですが、こうした状態を放置して、そのまま使用を続けると頭皮に酷い炎症を引き起こす脂漏性皮膚炎やそれに伴う脱毛症を引き起こす可能性もあります。

よって、少しでも違和感がある場合は、迷わず近くのクリニックへ相談しましょう。

薄毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。
薄毛という悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*