育毛剤の医薬品と医薬部外品|現れる効果と目的の違いなどを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

育毛剤には、医薬品と医薬部外品と言う2種類の分類に分けられています。この医薬品と医薬部外品にはそれぞれ異なる作用があり目的も大きく違います。目的に沿って使用していない場合、納得のいく成果は得られません。そこで今回は育毛剤の医薬品や医薬部外品について詳しく紹介していきます。

育毛剤には医薬品と医薬部外品が存在する

医薬品と医薬部外品とは、日本の法律によって原料や製造方法などを開示し、使用者に有効性や安全性を守るために分けられたカテゴリーです。

そのためこの医薬品と医薬部外品は、主な目的や作用、構成されている成分が大きく異なります。医薬品は、主に症状を「完治・治療」することが目的のため身体に作用が強い化学物質が含まれており薬剤師や医師の処方を通さない限り購入することはできません。

一方医薬部外品は、主に症状の「予防・防止」することが目的のため身体に作用が弱い自然由来の成分や栄養素を元に構成されており、ドラッグストアなどで手軽に購入することができます。

育毛剤で発毛効果を実感したい場合は医薬品を使用する

育毛剤の大半は医薬部外品です。しかし、育毛剤にも一部、医薬品の製剤は存在しています。そのため育毛剤で発毛効果を望む方は医薬部外品でなく医薬品の育毛剤を使用すると、薄毛の改善が期待できるでしょう。

医薬品の育毛剤を使用する際は副作用に注意

医薬品の育毛剤を使用する場合は、副作用に注意してください。医薬品は、完治・治療の効果が期待できる一方で副作用のリスクも高いと言われています。

なぜ副作用のリスクが高いのか、それは構成している成分が原因です。医薬部外品の成分は、自然由来の成分や栄養素のため体内に入っても悪影響は少ないと考えられます。しかし、医薬品に含まれている化学物質は、必ずしも身体に良い影響を与えるものだけではないため副作用のリスクが高いのです。

なお、副作用の症状で比較的よく目にするのが、頭皮のかゆみ、かぶれ、発疹、皮膚炎などです。特に敏感肌の方には、こうした症状が出やすくなっているため、心当たりがある方は、使用を控えてください。

誤った方法を継続した場合

育毛剤を誤った方法で使用し続けると副作用の症状が現れる可能性は高いです。またそれを育毛効果が出ていると勘違いしてしまうと、最終的に脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症になる可能性があります。

よって、医薬品の育毛剤を購入される際には、薬剤師または医師から指示される【正しい使用方法】を、きちんと守り使用してください。

なんらかの異常がでた場合はクリニックでの治療を受けましょう

育毛剤を使用して、何らかの異常が現れた場合はクリニックでの治療を受けましょう。上記で述べた通り脱毛症が発生してしまう可能性があります。

こうした脱毛症は、放置していても改善することはありません。よって、クリニックでの適切な治療が必要です。また対応が遅れた分だけ完治期間が長引いてしまうというケースも存在します

そのため、何らかの異常が見られる場合は、早急にクリニックへ相談しましょう。

薄毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。
薄毛という悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*