髪が抜けてしまう病気とは?知っておくべき原因や対処法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毛髪の悩みを抱えている人は少なくありませんが、一口に薄毛といっても実は様々な病気があり、その症状に合わせて治療を行っていく必要があります。

そこで今回は、そんな髪が抜ける病気やその対処法について紹介していきたいと思います。

髪が抜ける病気

円形脱毛症

円形脱毛症の脱毛の範囲は一般的に知られている単発型だけでなく、複数個所に発生する多発性、脱毛部分が繋がる蛇行型、すべての髪が抜ける全頭型などがあります。

以前はストレスやアトピー、遺伝が原因と言われていましたが、近年では自己免疫疾患が有力な原因と考えられています。

自己免疫疾患とは、病気などの異物に防御機能がある免疫系が、健康な細胞を異物とみなして攻撃する病気で、円形脱毛症は、髪の毛の細胞が免疫に攻撃されて抜け落ちると考えることができます。

なお、ステロイド注射や局所免疫療法などで対処する必要がありますが、継続的に治療を行和なければなりません。また、再発率も高いため、一度生えてきても注意が必要です。

AGA(男性型脱毛症)

AGAは男性型脱毛症で、思春期以降に始まり徐々に進行する脱毛症です。額の生え際や頭頂部から徐々に髪の毛が薄くなる進行性の脱毛症で、男性ホルモンの影響でヘアサイクルが乱れることにより薄毛が進行します。

基本的にプロペシアなどの内服薬とミノキシジルなどの外用薬を同時に使用して症状の改善を図りますが、円形脱毛症の治療と同様に継続して行わなければならず、飲み忘れなどがあると発毛効果を実感することが出来なくなります。

また、薬剤自体も副作用が強いため、服用・管理には注意する必要があります

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は抜け毛の増加だけではなく、頭が脂っぽくなりフケが増えたり、痒みが生じたりすることがあります。

原因は皮脂量の増加に伴うマラセチア菌の増加が考えられますが、そもそもの皮脂が増加する要因は、生活習慣の乱れやストレス、シャンプーのすすぎ残しなどによる頭皮環境の悪化だと言えます。

脂漏性皮膚炎は悪化してしまうと薄毛を引き起こしてしまう可能性があるため、早めに皮膚科を受診して炎症を治療することが大切です。

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

甲状腺機能亢進症というバセドウ病は、甲状腺に異常をきたし甲状腺ホルモンが大量に生産されて心身に様々な種類の不調が発症します。

20~30代の若い女性が発症しやすい事が特徴的で、症状は眼球の突出や首の腫れ、頻脈などの他に抜け毛などの症状もあります。バセドウ病で抜け毛が増える原因として、甲状腺ホルモンの分泌量が過剰になり、ヘアサイクルが乱れて充分に成長しきる前の段階で髪の毛が抜けてしまうことが要因です。

なお、こうした病気から円形脱毛症などを引き起こしてしまう可能性もあります。

甲状腺機能低下症

薄毛の原因のひとつに甲状腺機能低下症があります。この病気は、甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンの血中濃度が不足して起こるとされていて、それにより体の様々な機能が低下します。

高齢者に多く見られますが、稀に子供にも発症することもあります。抜け毛や白髪増加といった髪の毛にまつわる症状だけでなく、体重の増加、むくみや記憶障害、疲労感や冷え性なども挙げられます。

梅毒性脱毛症

梅毒性脱毛症も抜け毛など髪が抜ける原因になります。直径3mm~5mmの円形脱毛症が側頭部に多く発症して、小さな脱毛症が虫食い状に多数できるのが特徴的で、びまん性脱毛症を引き起こしてしまうケースもあります。

梅毒性脱毛やびまん性脱毛症はそもそもの原因である梅毒を治療する必要があります。梅毒になる原因は性行為によって感染し、梅毒トレポネーマという菌が原因です。治療はペニシリンによって行われ、この症状が改善することで脱毛症も改善するとみられています。

膠原病

女性に多いケースが膠原病です。この病気は髪が抜けてしまうだけでなく、発熱や関節痛、吐き気や下痢、皮膚の発疹などがあります。

はっきりとした原因は解明されていませんが、国の難病指定にもなっており、近年では自己免疫疾患が有力な原因と考えられています。また膠原病は自己免疫疾患と結合組織疾患、リウマチ性疾患の3つの疾患が重なったもので、全身の血管や筋肉、臓器などに炎症が起こる一連の病気を総称しています。

主な膠原病には、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどがあります。

私生活が原因で発症する脱毛症

①牽引性脱毛症

私生活が原因になる脱毛症もあります。そのひとつである牽引性脱毛症は、髪の毛をきつく引っ張るような髪型を長期間続けることで発症する事があります。

髪の毛を結んだりエクステンションを付けたりすることが多い女性に起こりやすい脱毛症です。髪の毛を引っ張った事が原因となるため、病気での抜け毛ではなく、ヘアスタイルを変えることで症状の改善がみられることが多いとされています。

②圧迫性脱毛症

牽引性脱毛症と似ているのは圧迫性脱毛症です。圧迫性脱毛症はヘルメットなどで頭を締め付けることが原因で引き起る脱毛症です。

頭皮が圧迫されると血液が上手く循環できずに、髪の毛に必要な栄養が得られなくなり毛が抜けてしまいます。圧迫性脱毛症の症状は前頭部や頭頂部の抜け毛で、ヘルメットだけではなく帽子なども原因となるため、予防には長時間のヘルメットなどの被りっぱなしは避けることが大切になってきます。

該当する症状がある場合は早急にクリニックに相談しよう

健康な状態でも髪は一日に50本~100本は抜けているとされています。しかし、少しでも髪の毛の抜けてしまう本数が多いと感じたらクリニックを受診することが効果的と言えます。

また、これまで紹介してきた症状の中には、ただ単に髪の毛が抜けてしまうだけでなく、日常生活にも様々な影響を及ぼしかねない症状も数多く存在しており、一刻も早く改善する必要があります。

よって、疑わしい症状が現れた場合には早めにクリニックに相談するようにしましょう。

薄毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。
薄毛という悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*