髪が異常に抜ける原因とは?詳しい4つの原因やセルフケア法など紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「風呂上がりの排水溝に髪の毛がよく詰まる」「寝起きの枕に髪の毛が多くついている」といった場合には、何らかの原因により抜け毛や薄毛の可能性があります。

そこで、今回はそんな髪が抜ける原因について注目して、詳しく紹介していきたいと思います。

髪にはヘアサイクルがある

髪が抜けるとショックを受けてしまいますが、頭の毛も抜ける→生えるを繰り返しているため、多少の抜け毛は心配ありません。

平均的には1日50本から100本ほど抜けるもので、夏のダメージが蓄積する秋は抜け毛量が増えると言われています。

生えてから抜け落ちるまでの周期はヘアサイクルと呼ばれ、このサイクルが正常なら頭皮環境も問題ありませんが、何らかの原因で周期が乱れると抜け毛の原因になる恐れがあります。

髪が抜ける原因

脱毛症

男性の場合

抜ける原因は脱毛症によって異なりますが、男性ホルモンが原因で発症する男性特有のAGAの場合は額の生え際や頭頂部が集中的に抜けるのが特徴的です。

毛のハリやコシがなく産毛のように細く短い毛が増えていて、こうした症状は徐々に進行することで薄毛を引き起こしてしまいます。

女性の場合

女性の抜け毛の原因はFAGAである可能性もあります。このFAGAは女性男性型脱毛症のことで、毛を成長させるために欠かせないエストロゲンの量が減ると、男性ホルモンの量が多くなり抜け毛の原因になります。

FAGAの症状は全体的に薄くなるのが特徴で、毛が全部抜け落ちることはほとんどありません。閉経をきっかけに発症する方も少なくありませんが、無理なダイエットや食生活、ピルが抜け毛の原因になることもあります。

遺伝

両親、もしくは祖父母が薄毛だと自分も何らかの脱毛症を発症する確率が高くなります。

詳しい原因はわかっていないものの、円形脱毛症やAGAなどが比較的発症しやすいと言われています。

ストレス

ストレスもまた毛が抜ける原因になります。強いプレッシャーが心身にかかっている状態だと、脳も常に緊張状態になりリラックスすることができません。そのため、自律神経にも異常をきたし、不安定になってしまいます。

こうした自律神経の乱れで頭皮の毛細血管も縮み、血の巡りが悪くなります。この血行不良が続くと頭皮の細胞に必要な栄養を補給できなくなるため、1本1本が徐々に細くなり、発毛すること自体が難しくなってしまいます。

食生活

食生活のせいで薄毛になるケースも少なくありません。普段の食事で脂質や糖質をたくさん摂り過ぎてしまうと血液がどろどろになります。また、偏食により髪の毛に必要な栄養が行きわたらなくなり、成長を促進することが出来なくなってしまいます。

睡眠不足

睡眠不足も頭皮に致命的なダメージを与えてしまいます。基本的に毛を成長、修復させる成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。

しかし、睡眠時間が少なければ成長ホルモンの分泌量も減るので、髪もしっかり育つ前に抜け落ちてしまいます。

飲酒

飲酒量が多い方は髪も薄くなることがあります。お酒を飲みアルコールが体内に入ると、アセトアルデヒドが増加しAGAの発症率が上昇します。毎日の晩酌が欠かせない男性は特に要注意です。

また、お酒を飲み過ぎてしまうと髪の毛をつくる主成分のケラチンが不足してしまうことも分かっています。ケラチンの生成に必要なアミノ酸は、アルコールを分解するために消費されてしまうので、新しい髪の毛を作るための栄養が不足してしまいます。

喫煙

喫煙者には薄毛が多いと言われますが、タバコのニコチンは脱毛の原因になります。ニコチンを摂取すると毛細血管が収縮し、せっかく摂取した栄養も頭皮まで行き届かなくなります。

さらに喫煙中は体内の活性酵素も増加するので育毛に欠かせないビタミンCも大量に消費されてしまうなど、毛髪にとって決していい環境ではなくなってしまいます。

髪が抜けない為の対策方法

①睡眠

これ以上抜け毛を増やしたくないと思うなら、規則正し生活を心がけ、毎日一定の睡眠時間を確保しましょう。毎日ぐっすり寝れば成長ホルモンの分泌量も増え、髪の毛の修復や成長のために働いてくれます。

特に午後22時から午前2時の間が理想的で、この時間帯は成長ホルモンが出やすいといわれているため髪の毛にとって質の良い睡眠がとりやすくなります。

②バランスいい食生活

抜け毛を防ぎ新たな髪を育てるためにも食生活を改善しましょう。健康な髪の毛に欠かせないケラチンを生成するための成分であるアミノ酸や、ビタミン類や亜鉛などのミネラル、タンパク質などをバランス良く摂取することが大切です。

③過度な飲酒と喫煙を控える

飲酒も喫煙もストレスの発散法として認識している人も少なくありません。しかし、薄毛状態を改善したいなら過度な飲酒と喫煙は控えましょう。そもそもアルコールとタバコの過剰摂取は、髪の毛の健康はもちろん、身体にとっても良い影響を与えません。

そのため、飲酒や喫煙は極力控えたほうが良いとされています。

④適度な運動

身体を全然動かさないことも頭皮や髪によくありません。適度に運動することで毛細血管の循環も改善され健康な髪が生えやすくなります。また、身体を動かすことでストレスも発散しやすくなるので、セ精神的な負荷の発散にも繋がります。

育毛剤を使用する

手軽に行える薄毛の改善方法として育毛剤が挙げられます。医師の処方がいらず、入手方法も使用も比較的簡単に行えるため、多くのユーザーが使用しています。
しかし、流通している薬剤の中には、成分が不確かなものも多く、効果が実感できないなどのケースも少なくありません。そのため、育毛剤を使用する場合はその成分に注目することが大切です。

※厚生労働省が認可した育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」

「毛を育てる」

厚生労働省が認可している有効成分「センブリエキス、グリチルリチン酸、塩酸ジェフェンドラミン」の3種類が含有されていて、その確かな効果から定評があるチャップアップ(CHAPUP)は、その成分にこだわった育毛剤です。

一切の添加物や香料もなく、植物由来の成分を55種類、アミノ酸由来の成分を15種類配合しており、頭皮に優しく、かつ効果をしっかり実感できるようになっています。

チャップアップ公式サイトはコチラ

シャンプーの見直し

洗浄力が強いシャンプーを使用してしまうと肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌が皮脂を出そうと働きます。それにより、汚れがつきやすくなり細菌や炎症が起きやすくなるのです。このような症状が起こると毛根が弱まり抜け毛の原因となります。

このような状況を避けるためにも、薄毛に悩んでいる場合はアミノ酸系のシャンプーを使用すると良いとされています。このアミノ酸は皮膚や髪の毛を生成するたんぱく質の成分です。そのため、皮脂を余分に落としてしまうことなく、しっかりと洗浄した上で毛髪を労わることが出来ます。

※髪と頭皮に着目した「CUシャンプー」

「奇跡のシャンプー」
5種類のアミノ酸系洗浄成分のみで実現した絶妙な配合で構成された「CUシャンプー(チャップアップシャンプー)」はしっかりと洗浄しつつ、髪と頭皮を健やかな状態に保つことが可能なノンシリコンシャンプーです。

オーガニックエキス10種を配合してるほか、RO(逆浸透)膜による純度の高い水を使用しているなど随所に身体へのこだわりが見られ、髪の毛のハリやコシを与えることでボリュームアップを図ります。

チャップアップシャンプー公式サイトはコチラ

セルフケアで改善が見込めない場合

抜け毛を防ぐためのセルフケアに励んでみたものの、一向に改善の兆しがない場合はクリニックに相談しましょう。

薄毛の対策は、早めに治療に取り組むことで改善も早くなる傾向があります。よって「薄毛かも…」と感じたら早めに医師に相談することが大切になります。

薄毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。
薄毛という悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*