【大阪】AGA治療でおすすめのクリニック5選!安くて評判のいいところは?

男性型脱毛症、いわゆるAGAで悩んでいる場合は、早めの治療が必要になります。今回ご紹介するのは、日本の台所【大阪】のクリニックです。関西圏でも特にAGA治療を行っているクリニックが集中しており、心斎橋や梅田、難波に多く集まっています。

しかし、数が多い分、クリニックごとに行われている治療内容などは様々で、迷ってしまう人も少なくありません。そこで今回は、そんな大阪でAGA治療を行っている、経験豊富なクリニックを5選紹介していきたいと思います。

AGA治療を受けるクリニックを選ぶ際の4つのポイント

AGA治療は、ただやみくもに治療を行っても期待していた効果を得ることは出来ません。そこでまずは、治療に取り組む前に抑えておきたいポイントをご紹介していきたいと思います。

①ミノキシジルの処方を行っているクリニックを選ぶ

AGA治療に必要な薬の一つにミノキシジルがあります。このミノキシジルは血流の改善を図り、毛髪に十分な栄養を届ける役割を担っています。そんなミノキシジルを扱っているかという点については、あらかじめ調べておく必要があります。

なお、内服タイプのミノキシジルは、効果がある一方で副作用やエビデンス(根拠)の少ない、いわば扱いに注意する必要がある薬剤です。よって、こうした薬剤を扱う事が可能な医師が在籍しているかどうかも大切なポイントと言えます。

②費用負担が少ないクリニックを選ぶ

AGA治療は継続的に行うことが必要なため、しっかりと考慮すべきなのが費用になります。処方される薬剤がクリニックによって差がないのであれば、単純に安価なクリニックの方が通いやすく、続けやすいと言えます。

また、初診料や血液検査料なども加味した上で自分に最も適しているクリニックを選択する必要があります。

③薄毛治療専門のクリニックを選ぶ

現在、AGA診療を行っているクリニックは皮膚科、内科、美容外科、費用皮膚科と数多く存在しています。しかし、AGA治療に対する知識や経験が浅いクリニックが存在することも事実としてあり得ます。

それらを踏まえて、治療を検討するのであれば、豊富な経験とAGA治療に対して特化したクリニックを選択するといいでしょう。

④通いやすいクリニックを選ぶ

先ほど記載しましたが、AGA治療は継続して治療を行うことで効果を得ることのできる方法です。そのため、定期的に通うことのできるクリニックを選択することも非常に重要な要素になります。

公共交通機関でのアクセスなどの利便性だけでなく、自家用車などで行く場合の駐車場情報などもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ABCクリニック

ABCクリニックは男性専門の治療を数多く行ってきたクリニックです。新宿、神田といった都内だけでなく、横浜や大阪といった規模で展開しています。元々男性器などの治療を行っている背景から、男性の悩みに寄り添った治療を心がけています。

治療メニューは「AGA治療薬のみ」!

ABCクリニックでは、AGA治療を希望している場合、投薬治療のみを行っています。この方法で十分に発毛を促すことが可能という観点から、植毛やメソセラピーといった治療は現在でも行っていません。

それにより、必要な備品代なども最小限に抑えることが可能で、リーズナブルでかつシンプルな料金設定になっています。

スタッフは全員男性のみ!だから気兼ねなく相談できる!

ABCクリニックに勤務している方は、受付からドクターまで全員が男性になります。元々男性器の治療などを豊富に取り扱っている経緯から、こうした配慮がなされるようになりました。

薄毛などを気にしているのであれば「できるだけ女性に見られたくない」という人も少なくありません。そのため、ここABCクリニックでは気兼ねなく相談することが可能になります。

治療費用が競合と比較してリーズナブル!

ABCクリニックは、取り扱っている薬剤の種類が少ない分、価格帯が非常にリーズナブルです。無理に薬剤を追加して費用を請求したり、必要のない治療を行ったりすることも無いうえに、AGA治療薬の処方は6,000円と非常に安価で入手することが可能です。

治療薬の負担のみなので、できるだけ安く治療を行いたいという人にも人気を博しています。

AGA治療にかかる費用

基本料金
カウンセリング 無料
初診察料 記載なし
血液検査料 5,000円
治療薬の料金
AGA治療薬 18,500円※

※ただし、診察+マイクロスコープ+治療薬(30日分)を含む。

クリニックの基本情報

【ABCクリニック梅田院】

診察時間(営業時間) 10:00~20:00
休診日 年末年始
支払い方法 現金・クレジット(VISA,JCB,MASTER,AMEX,Dinersほか)・医療ローン可
住所 〒530-0051 大阪市北区太融寺町8-17 プラザ梅田ビル10F
最寄り駅 JR大阪駅、阪急梅田駅、阪神梅田駅、地下鉄御堂筋線梅田駅、谷町線東梅田駅
駐車場の有無 近隣に有料駐車場有

【ABCクリニックなんば院】

診察時間(営業時間) 10:00~20:00
休診日 年末年始
支払い方法 現金・クレジット(VISA,JCB,MASTER,AMEX,Dinersほか)・医療ローン可
住所 〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中1丁目3番1号ウエストビル2F
最寄り駅 南海難波駅、近鉄難波駅、地下鉄御堂筋なんば駅、千日前線なんば駅
駐車場の有無 近隣に有料駐車場有

ABCクリニック公式サイトはこちら

大阪梅田中央クリニック

大阪の梅田で男性、女性問わず様々な美容の悩みを改善してきている大阪梅田中央クリニックはAGAの治療にも力を入れています。阪急梅田駅徒歩1分という好立地でアクセスの良さもあり、継続的に治療に通われている方も多く、また親身になって相談にのってくれる点も好評です。

毛髪再生医療HARG療法(ハーグ療法)を採用

認定院でしか行うことが出来ないHARG療法を行うことが出来るクリニックです。このHARG療法は人間の肝細胞から抽出した150種類の成長因子を直接頭皮に注入することで発毛を促進させる再生医療ですが、毛髪再生研究会にて認定された医療機関でしか施術することができません。しかし、ここ大阪梅田中央クリニックでは、認定院であるため、この治療方法を選択することが可能です。

毛髪診断士があなたの頭皮をチェック!

大阪梅田中央クリニックでは、医師の診察や治療のみならず、毛髪に関する知識や観察技術を持っている【毛髪診断士】が在籍しています。そのため、自身の毛髪に対して適切な判断を下してもらうことが出来ます。

また、状態に応じて様々な悩みや日常的なケアなども相談にのってくれるため、より正しい治療を行うことが可能です。

医学的根拠に基づいた毛髪医療!

毛髪医療は、ただ薬を服用すればいいだけでなく、その頭皮や毛髪に最も適している方法を選択し、継続して続けていくことで効果が現れる治療です。ここ大阪梅田中央クリニックは医師による問診と拡大顕微鏡で抜け毛の予防、育毛、発毛と状態に合った治療を提案してくれます。

ただ”遺伝が原因”と切り捨てられるような症状に対しても、科学的なアプローチで適切に対処してくれるため、確かな効果が期待できるクリニックです。

AGA治療にかかる費用

基本料金
カウンセリング 無料
初診察料 0円
血液検査料 5,000円
治療薬の料金
男性用・女性用治療薬 5,000円~
ハーグ療法(3分の1) 120,000円

クリニックの基本情報

診察時間(営業時間) 10:00~18:00
休診日 年末年始
支払い方法 現金・クレジット(VISA,JCB,MASTER,AMEX,Dinersほか)・医療ローン可
住所 〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目5−12 備後屋ビル5F
最寄り駅 JR大阪駅 阪急梅田駅
駐車場の有無 近隣に有料駐車場有

大阪梅田中央クリニック公式サイトはこちら

ゴリラクリニック

男性専門の脱毛クリニックとして有名なゴリラクリニックはAGA治療にも積極的に力を入れています。「薄毛が気になる…」といった方から「本格的にAGA治療を行いたい!」といった方まで幅広く治療を行える豊富なメニューが揃っていて、まさに毛髪に関して積み上げた多くの経験から導き出される治療が魅力的なクリニックです。

オリジナル薄毛治療薬で症状の改善を目指す!

ゴリラクリニックは「ミノフィアG」というオリジナルの薄毛治療薬を扱っています。含有成分もフィナステリド、ミノキシジルといった一般的な薄毛治療に使われる成分だけでなく、アミノ酸、高品質ドロマイト、燃成カルシウム、各種ビタミン類などを配合していて、髪の毛の成長に良いとされる成分を数多く配合しています。

独自のメソセラピー注入治療【ヘアーマトリックス】

ゴリラクリニックでは、医師も実践しているヘアーマトリックスという、こちらもオリジナルの治療を行っています。頭皮への滞在時間を改良して作られたAGA治療です。滞留時間が3倍に増えて、その間成長因子を出し続けるため、従来のメソセラピーよりもよりしっかりと発毛効果が望める治療です。

徹底的に発毛治療したい人に向いており、また施術時の痛みも小さくする工夫も行っているため、継続して受けやすい治療を提供しています。

施術時の痛みを軽減させる医療機器「ニューラジェット」を導入

ゴリラクリニックでは、これまでの注射器による痛みを軽減すべく、「ニューラジェット」と呼ばれる31Gの極細の針を用いて自動皮下注入システムを採用しています。これにより、痛みを最小限に抑えつつも、毛髪に必要な成分を均一な「深さ」「密度」「速度」「量」で効率的に注入することが可能になりました。この時、皮膚を吸引しながら注入するため、薄毛治療の際にネックな注入時の痛みも大幅に緩和することが可能になりました。

AGA治療にかかる費用

基本情報
カウンセリング 無料
初診察料 0円
血液検査料 5,000円
治療薬の料金
ミノフィアG 16,000円~
ヘアーマトリックス(1回) 140,000円

クリニックの基本情報

診察時間(営業時間) 11:00~20:00
休診日 記載なし
支払い方法 現金・クレジット(VISA,JCB,MASTER,AMEX,Diners)・医療ローン可
住所 〒530-0051 大阪府大阪市北区北区太融寺町8 太融寺町8-10 梅田高速 ビル 8F
最寄り駅 梅田駅、大阪駅、東梅田駅
駐車場の有無 近隣に有料駐車場有

ゴリラクリニック公式サイトはこちら

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックはGACKTが広告塔として出演している薄毛治療専門のクリニックです。薄毛や抜け毛に悩む人に本気で応えたいという思いから薄毛治療に特化したクリニック運営を行っています。

全国にこのAGAスキンクリニックと同様の治療を受けることができるクリニックが数多く存在しているため、地方に住んでいても適切な治療によって薄毛の改善を図ることが可能です。

統括診療部長自身が実際に薄毛の治療を行った

このAGAスキンクリニックの統括診療部長である麻生医師は、25歳から薄毛がコンプレックスだったと言います。そのコンプレックスを改善すべく、自身で身をもって治療、研究を行い、ついには発毛を実感することが出来たという経緯があります。

そのため、薄毛・抜け毛に対する豊富な知識と症例データを現在でも集めており、人それぞれに合っている治療の研究を日夜行っています。

世界的に認められたAGA治療のデータ!

AGAスキンクリニックは、2011年~2017年の間、18,918人に及ぶ薄毛症状の治療結果をまとめ、実際に発毛効果があることを論文に起こし、世界に向けて発表を行いました。その結果、AGA治療を適切な方法で行えば確かな発毛効果があることを世界が認め、その功績が称えられています。

そうした研究の結果からか、ここAGAスキンクリニックにおいて発毛実感率は99.4%を誇っています。

内服薬から植毛まで毛髪に関する様々な治療メニュー

AGAスキンクリニックでは毛髪専門ということで、様々な状態に適した治療法を数多く取り揃えています。プロペシアやミノキシジルといった内服薬から、メソセラピーや再生医療、ヘアタトゥーに植毛まで、それぞれのニーズに合わせて治療を行うことが可能です。

とくにオリジナル内服薬+外用薬「Rebirth」やDr’sメソ(AGAメソセラピー)といった施術を同時に行うことで、より効果が実感しやすいと言われています。

AGA治療にかかる費用

基本料金
カウンセリング 無料
初診察料 0円
血液検査料 0円
治療薬の料金
オリジナル外用薬「Rebirth」 14,000円
Dr’sメソ(AGAメソセラピー) 2cc 50,000円

クリニックの基本情報

【AGAスキンクリニック大阪梅田院】

診察時間(営業時間) 10:00~22:00
休診日 記載なし
支払い方法 現金・各種クレジット・メディカルクレジット(分割払い)可
住所 〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2-1-21 高橋ビル3F
最寄り駅 梅田駅・大阪駅
駐車場の有無 近隣に有料駐車場有

【AGAスキンクリニック 大阪西梅田院】

診察時間(営業時間) 10:00~22:00
休診日 記載なし
支払い方法 現金・各種クレジット・メディカルクレジット(分割払い)可
住所 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル3F
最寄り駅 梅田駅・西梅田駅・北新地駅
駐車場の有無 近隣に有料駐車場有

【AGAスキンクリニック 大阪難波院】

診察時間(営業時間) 10:00~22:00
休診日 記載なし
支払い方法 現金・各種クレジット・メディカルクレジット(分割払い)可
住所 〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波4-2-4 ヤシマ御堂筋ビル10F
最寄り駅 なんば駅・大阪難波駅
駐車場の有無 近隣に有料駐車場有

【AGAスキンクリニック 大阪天王寺院】

診察時間(営業時間) 10:00~21:00
休診日 記載なし
支払い方法 現金・各種クレジット・メディカルクレジット(分割払い)可
住所 〒545-0051 大阪府大阪市阿倍野区旭町1-1-8 加賀タワービル6F
最寄り駅 天王寺駅
駐車場の有無 近隣に有料駐車場有

【AGAスキンクリニック 大阪堺東院】

診察時間(営業時間) 10:00~21:00
休診日 記載なし
支払い方法 現金・各種クレジット・メディカルクレジット(分割払い)可
住所 〒590-0076 大阪府堺市堺区北瓦町2-4-13 堺東EHビル9F
最寄り駅 堺東駅
駐車場の有無 近隣に有料駐車場有

AGAスキンクリニック公式サイトはこちら

アイランドタワークリニック

植毛や自毛植毛において高いシェアを誇るアイランドタワークリニック。全国に4拠点あり、遠方からも足繁く通う人がいるほど人気のクリニックです。また、治療内容だけでなく、プライバシーへの配慮もされていて、来院した際には快適に過ごすことが出来る環境つくりを行っています。

しっかりと毛髪を生やすスペシャリストが集結!

アイランドタワークリニックに在籍している医師たちは、植毛を主軸にした薄毛治療を連日行っています。この植毛は外科治療のため、自身の手技が仕上がりに大きく反映されてしまうという側面があります。そのため、経験や実績に裏付けされた細部までこだわり続ける技術力が、しっかりと毛髪を”生やす”という結果に繋がっています。

国内外の学会活動で得た高いレベルの治療

また、今なお現在でも技術の研鑽を積むことに余念がなく、国内外の学会活動も積極的に参加しています。海外の著名な医師が手術を見学に来るだけでなく、プラハや韓国といった毛髪医療の最前線で常に学習を続けていて、この知識や経験を薄毛に悩んでしまう人に対して還元しようという姿勢が見て取れる点も特徴的と言えます。

徹底した衛生管理

アイランドタワークリニックは、医療現場における衛生面を徹底的に清潔に保つことを心がけています。来院された方ごとに清掃を行い、部屋ごとに隅から隅まで掃除を行っています。必要なものは消毒だけでなく滅菌まで行うことから、衛生管理の徹底を心がけています。

安全性を守るために厳しいマニュアルが用意されているという点も、薄毛治療における大切なポイントを押さえているといえるのではないでしょうか?

AGA治療にかかる費用

基本料金
カウンセリング 無料
初診察料 0円
血液検査料 0円
治療薬の料金
基本治療費 200,000円
i-Direct法(1クラフト) 1,200円
刈らないDirect(1クラフト)  2,000円

クリニックの基本情報

診察時間(営業時間) 10:00-19:00
休診日 記載なし
支払い方法 現金・クレジット(VISA、JCB、MasterCard)・メディカルクレジット可
住所 〒530-0057 大阪市北区曽根崎2-6-6  コウヅキキャピタルウエスト7F
最寄り駅 東梅田駅・大阪駅・梅田駅
駐車場の有無 近隣に有料駐車場有

アイランドタワークリニック公式サイトはこちら

AGA治療にはクリニック選びも大切

今回紹介した5つのクリニックは当サイトで特におすすめするAGA治療を受けられるクリニックです。AGA治療を行う際には製剤の質・費用・通いやすさには十分に注意しましょう。

抜け毛の予防方法とは?今日からできる詳しい方法や注意点を紹介

抜け毛がひどいために髪の毛が薄くなってしまうと、自分の好みのヘアスタイルが楽しめなくなったり、他人から自分の頭に向けられる視線が気になったりといったように、色々な問題が生じてしまいます。

そうなってしまってから対策を行っても、中々改善させることが難しいケースも考えられます。そのため、抜け毛がひどくなる前に予防することが肝心です。そこで、ここではそのために役立つ抜け毛予防の方法について紹介して行きます。

抜け毛の原因

抜け毛を予防するための方法を考えるには、まずはその原因について知っておくことが大事ですが、それには様々なものがあります。

代表的なものとしては、男性ホルモンの増加・ストレス・栄養バランスの乱れ・睡眠不足などが挙げられます。これらの原因が組み合わさって抜け毛に繋がる場合もあり、一度かかってしまうと、原因の特定や治療はクリニックなどの医療機関で受診する必要があります。

抜け毛の効果的な予防方法

正しい洗髪を行う

色々な抜け毛予防の方法の中で、すぐにでも実践出来るのが、例えば頭皮に優しいシャンプーを使うなど、洗髪の方法を変えてみることです。

この場合に特に大事なことは、清潔にしようとしすぎて何度も洗髪しないことです。実は複数回洗髪することによって、紫外線などの外部の刺激から頭皮を守るために役立つ皮脂をすべて落としてしまうことがあるので、洗いすぎには注意が必要です。しかし、一方で不衛生になってしまうと頭皮に優しくないため、適度な清潔感を保つことが求められます。

喫煙を控える

抜け毛予防の方法として次に挙げられるのは、喫煙を控えることです。タバコを吸うことによって血行が悪くなり、髪に栄養を送るのを妨げてしまうことが抜け毛の原因になると考えられるからです。

また、育毛剤を使用して頭皮の血行を良くしようとしても、喫煙の影響によりその効果が発揮されない場合もあります。そのため、出来る限り本数を減らしたり、禁煙したりすることが望ましいと言えます。

飲酒を控える

飲酒によって抜け毛が生じてしまう場合があります。人間の体内でアルコールを分解しているのは肝臓です。しかし、その分解の際に髪に必要な成分であるアミノ酸やタンパク質を使用する必要があるため、必要な栄養素が髪の毛に巡ってくることがなく、健康な成長が阻害されてしまうのです。

したがって、酒類の過剰摂取を避けることが必要だと言えます。

生活習慣を整える

抜け毛予防のための方法としては、生活習慣を整えるというやり方も効果的だと言われています。例えば栄養のバランスの良い食事を取るようにすると、頭皮の血行が良くなったり、髪の毛の原料となる成分が増えたりするため予防の効果が期待出来ます。

また、質の良い睡眠を十分にとると、頭皮にストレスを与えずにヘアサイクルを整えることが可能となります。そういったポイントを意識して、規則正しい生活を送ることが抜け毛を予防するためには重要なのです。

カラーリング、パーマはかけ過ぎない

カラーリングをし過ぎたり、パーマをかけ過ぎたりしないようにすることも大事です。こうした行為によって頭皮に負担をかけてしまうことで、将来の抜け毛に繋がることは十分にあり得ます。

よって、こうしたカラーリングやパーマはかけ過ぎないことが大切になってきます。

シャンプーの見直し

洗浄力が強いシャンプーを使用してしまうと肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌が皮脂を出そうと働きます。それにより、汚れがつきやすくなり細菌や炎症が起きやすくなるのです。このような症状が起こると毛根が弱まり抜け毛の原因となります。

このような状況を避けるためにも、薄毛に悩んでいる場合はアミノ酸系のシャンプーを使用すると良いとされています。このアミノ酸は皮膚や髪の毛を生成するたんぱく質の成分です。そのため、皮脂を余分に落としてしまうことなく、しっかりと洗浄した上で毛髪を労わることが出来ます。

※髪と頭皮に着目した「CUシャンプー」

「奇跡のシャンプー」
5種類のアミノ酸系洗浄成分のみで実現した絶妙な配合で構成された「CUシャンプー(チャップアップシャンプー)」はしっかりと洗浄しつつ、髪と頭皮を健やかな状態に保つことが可能なノンシリコンシャンプーです。

オーガニックエキス10種を配合してるほか、RO(逆浸透)膜による純度の高い水を使用しているなど随所に身体へのこだわりが見られ、髪の毛のハリやコシを与えることでボリュームアップを図ります。

チャップアップシャンプー公式サイトはコチラ

抜け毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。
抜け毛という悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

髪が抜けてしまう病気とは?知っておくべき原因や対処法を紹介

毛髪の悩みを抱えている人は少なくありませんが、一口に薄毛といっても実は様々な病気があり、その症状に合わせて治療を行っていく必要があります。

そこで今回は、そんな髪が抜ける病気やその対処法について紹介していきたいと思います。

髪が抜ける病気

円形脱毛症

円形脱毛症の脱毛の範囲は一般的に知られている単発型だけでなく、複数個所に発生する多発性、脱毛部分が繋がる蛇行型、すべての髪が抜ける全頭型などがあります。

以前はストレスやアトピー、遺伝が原因と言われていましたが、近年では自己免疫疾患が有力な原因と考えられています。

自己免疫疾患とは、病気などの異物に防御機能がある免疫系が、健康な細胞を異物とみなして攻撃する病気で、円形脱毛症は、髪の毛の細胞が免疫に攻撃されて抜け落ちると考えることができます。

なお、ステロイド注射や局所免疫療法などで対処する必要がありますが、継続的に治療を行和なければなりません。また、再発率も高いため、一度生えてきても注意が必要です。

AGA(男性型脱毛症)

AGAは男性型脱毛症で、思春期以降に始まり徐々に進行する脱毛症です。額の生え際や頭頂部から徐々に髪の毛が薄くなる進行性の脱毛症で、男性ホルモンの影響でヘアサイクルが乱れることにより薄毛が進行します。

基本的にプロペシアなどの内服薬とミノキシジルなどの外用薬を同時に使用して症状の改善を図りますが、円形脱毛症の治療と同様に継続して行わなければならず、飲み忘れなどがあると発毛効果を実感することが出来なくなります。

また、薬剤自体も副作用が強いため、服用・管理には注意する必要があります

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は抜け毛の増加だけではなく、頭が脂っぽくなりフケが増えたり、痒みが生じたりすることがあります。

原因は皮脂量の増加に伴うマラセチア菌の増加が考えられますが、そもそもの皮脂が増加する要因は、生活習慣の乱れやストレス、シャンプーのすすぎ残しなどによる頭皮環境の悪化だと言えます。

脂漏性皮膚炎は悪化してしまうと薄毛を引き起こしてしまう可能性があるため、早めに皮膚科を受診して炎症を治療することが大切です。

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

甲状腺機能亢進症というバセドウ病は、甲状腺に異常をきたし甲状腺ホルモンが大量に生産されて心身に様々な種類の不調が発症します。

20~30代の若い女性が発症しやすい事が特徴的で、症状は眼球の突出や首の腫れ、頻脈などの他に抜け毛などの症状もあります。バセドウ病で抜け毛が増える原因として、甲状腺ホルモンの分泌量が過剰になり、ヘアサイクルが乱れて充分に成長しきる前の段階で髪の毛が抜けてしまうことが要因です。

なお、こうした病気から円形脱毛症などを引き起こしてしまう可能性もあります。

甲状腺機能低下症

薄毛の原因のひとつに甲状腺機能低下症があります。この病気は、甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンの血中濃度が不足して起こるとされていて、それにより体の様々な機能が低下します。

高齢者に多く見られますが、稀に子供にも発症することもあります。抜け毛や白髪増加といった髪の毛にまつわる症状だけでなく、体重の増加、むくみや記憶障害、疲労感や冷え性なども挙げられます。

梅毒性脱毛症

梅毒性脱毛症も抜け毛など髪が抜ける原因になります。直径3mm~5mmの円形脱毛症が側頭部に多く発症して、小さな脱毛症が虫食い状に多数できるのが特徴的で、びまん性脱毛症を引き起こしてしまうケースもあります。

梅毒性脱毛やびまん性脱毛症はそもそもの原因である梅毒を治療する必要があります。梅毒になる原因は性行為によって感染し、梅毒トレポネーマという菌が原因です。治療はペニシリンによって行われ、この症状が改善することで脱毛症も改善するとみられています。

膠原病

女性に多いケースが膠原病です。この病気は髪が抜けてしまうだけでなく、発熱や関節痛、吐き気や下痢、皮膚の発疹などがあります。

はっきりとした原因は解明されていませんが、国の難病指定にもなっており、近年では自己免疫疾患が有力な原因と考えられています。また膠原病は自己免疫疾患と結合組織疾患、リウマチ性疾患の3つの疾患が重なったもので、全身の血管や筋肉、臓器などに炎症が起こる一連の病気を総称しています。

主な膠原病には、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどがあります。

私生活が原因で発症する脱毛症

①牽引性脱毛症

私生活が原因になる脱毛症もあります。そのひとつである牽引性脱毛症は、髪の毛をきつく引っ張るような髪型を長期間続けることで発症する事があります。

髪の毛を結んだりエクステンションを付けたりすることが多い女性に起こりやすい脱毛症です。髪の毛を引っ張った事が原因となるため、病気での抜け毛ではなく、ヘアスタイルを変えることで症状の改善がみられることが多いとされています。

②圧迫性脱毛症

牽引性脱毛症と似ているのは圧迫性脱毛症です。圧迫性脱毛症はヘルメットなどで頭を締め付けることが原因で引き起る脱毛症です。

頭皮が圧迫されると血液が上手く循環できずに、髪の毛に必要な栄養が得られなくなり毛が抜けてしまいます。圧迫性脱毛症の症状は前頭部や頭頂部の抜け毛で、ヘルメットだけではなく帽子なども原因となるため、予防には長時間のヘルメットなどの被りっぱなしは避けることが大切になってきます。

該当する症状がある場合は早急にクリニックに相談しよう

健康な状態でも髪は一日に50本~100本は抜けているとされています。しかし、少しでも髪の毛の抜けてしまう本数が多いと感じたらクリニックを受診することが効果的と言えます。

また、これまで紹介してきた症状の中には、ただ単に髪の毛が抜けてしまうだけでなく、日常生活にも様々な影響を及ぼしかねない症状も数多く存在しており、一刻も早く改善する必要があります。

よって、疑わしい症状が現れた場合には早めにクリニックに相談するようにしましょう。

薄毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。
薄毛という悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

育毛剤の医薬品と医薬部外品|現れる効果と目的の違いなどを紹介

育毛剤には、医薬品と医薬部外品と言う2種類の分類に分けられています。この医薬品と医薬部外品にはそれぞれ異なる作用があり目的も大きく違います。目的に沿って使用していない場合、納得のいく成果は得られません。そこで今回は育毛剤の医薬品や医薬部外品について詳しく紹介していきます。

育毛剤には医薬品と医薬部外品が存在する

医薬品と医薬部外品とは、日本の法律によって原料や製造方法などを開示し、使用者に有効性や安全性を守るために分けられたカテゴリーです。

そのためこの医薬品と医薬部外品は、主な目的や作用、構成されている成分が大きく異なります。医薬品は、主に症状を「完治・治療」することが目的のため身体に作用が強い化学物質が含まれており薬剤師や医師の処方を通さない限り購入することはできません。

一方医薬部外品は、主に症状の「予防・防止」することが目的のため身体に作用が弱い自然由来の成分や栄養素を元に構成されており、ドラッグストアなどで手軽に購入することができます。

育毛剤で発毛効果を実感したい場合は医薬品を使用する

育毛剤の大半は医薬部外品です。しかし、育毛剤にも一部、医薬品の製剤は存在しています。そのため育毛剤で発毛効果を望む方は医薬部外品でなく医薬品の育毛剤を使用すると、薄毛の改善が期待できるでしょう。

医薬品の育毛剤を使用する際は副作用に注意

医薬品の育毛剤を使用する場合は、副作用に注意してください。医薬品は、完治・治療の効果が期待できる一方で副作用のリスクも高いと言われています。

なぜ副作用のリスクが高いのか、それは構成している成分が原因です。医薬部外品の成分は、自然由来の成分や栄養素のため体内に入っても悪影響は少ないと考えられます。しかし、医薬品に含まれている化学物質は、必ずしも身体に良い影響を与えるものだけではないため副作用のリスクが高いのです。

なお、副作用の症状で比較的よく目にするのが、頭皮のかゆみ、かぶれ、発疹、皮膚炎などです。特に敏感肌の方には、こうした症状が出やすくなっているため、心当たりがある方は、使用を控えてください。

誤った方法を継続した場合

育毛剤を誤った方法で使用し続けると副作用の症状が現れる可能性は高いです。またそれを育毛効果が出ていると勘違いしてしまうと、最終的に脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症になる可能性があります。

よって、医薬品の育毛剤を購入される際には、薬剤師または医師から指示される【正しい使用方法】を、きちんと守り使用してください。

なんらかの異常がでた場合はクリニックでの治療を受けましょう

育毛剤を使用して、何らかの異常が現れた場合はクリニックでの治療を受けましょう。上記で述べた通り脱毛症が発生してしまう可能性があります。

こうした脱毛症は、放置していても改善することはありません。よって、クリニックでの適切な治療が必要です。また対応が遅れた分だけ完治期間が長引いてしまうというケースも存在します

そのため、何らかの異常が見られる場合は、早急にクリニックへ相談しましょう。

薄毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。
薄毛という悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

【男性】抜け毛の予防方法について|詳しい原因や今からできる予防法とは

世の中の男性の中には抜け毛に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。こうした抜け毛は、そのままにしていても改善することはないため、早めに適切な処置を行うことが大切になってきます。

そこで今回は、そんな抜け毛の原因から見えてくる【予防法】を詳しく紹介していきたいと思います。

抜け毛の原因

①男性ホルモン

髪の毛が抜ける原因として男性ホルモンが悪影響を与えている可能性があります。この男性ホルモンによる影響が大きい、代表的な症状がAGA(男性型脱毛症)と呼ばれるもので、前頭部や頭頂部の髪の毛が抜けてしまうことで頭皮が露出してしまう病気です。

男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きかけによってジヒドロテストステロンへと変換され、毛乳頭細胞(髪の毛の素となる細胞)へと結びつくため、髪が抜けやすくなってしまいます。

②加齢

加齢によりホルモンが正しく分泌されなくなり、髪の成長に関わる細胞が老化し働きが悪くなることで抜け毛が進行してしまうことがあります。

毛根の根本には前述した毛乳頭細胞があり、頭皮の毛細血管から栄養が送られ、細胞分裂によって発毛が促進される役割を持っています。しかし、年齢を重ねることで老化してしまい、正しく機能せずに薄毛や髪の量が減少してしまうことがあります。

③遺伝

抜け毛の原因に遺伝性による可能性も考えられます。親族の中に男性型脱毛症など、毛髪に関する病気になった経験がある人がいる場合、自分自身も同じ症状にかかることがあります。

ただ、このケースは必ずにも脱毛症にかかるとは限らないので、親族に薄毛の人がいるからと言って諦める必要はありません。

④ストレス

抜け毛の原因の一つには、ストレスが考えられます。ストレスが溜まると自律神経が緊張状態になり血管が収縮してしまいます。そうなってしまうと、頭皮にある毛細血管へ血液が正常に送られなくなってしまい、結果として髪の毛の発毛や成長にも悪影響を及ぼします。

⑤食生活

最近では、インスタント食品や手軽に食べられる食品が充実したことにより、過剰にカロリーを摂取してしまったり、偏った食生活になってしまうことがあります。こういった食生活の乱れは抜け毛を助長してしまうと言われています。

過剰に脂質や糖質を摂取しすぎてしまうことで、血中コレステロールが上昇し、髪を作り出す毛乳頭への血液循環が悪化してしまいます。その結果、正しい細胞分裂が行われず、髪は抜け落ちてしまうのです。

⑥睡眠不足

睡眠が不足することも抜け毛の原因となります。十分な睡眠には、成長ホルモンが正しく分泌されて健康な髪を成長させ、そして髪のダメージを修復する働きがあります。

しかし、睡眠が不足することによって成長ホルモンの分泌が阻害されてしまいます。この成長ホルモンは、分泌量が少なくなると髪が正しく成長したり修復したりする作用を阻害してしまうため、結果として髪が抜けやすくなって薄毛の原因になってしまいます。

⑦飲酒

過剰な飲酒習慣は髪が抜けやすくなる原因を作り出してしまう恐れがあります。アルコールを摂取すると、髪の毛の主成分であるケラチンを作るために不可欠なアミノ酸がアルコールの分解に使われてしまい、新しい髪の毛の成長を阻害してしまいます。

⑧喫煙

髪の成長に悪影響を及ぼすのが、喫煙習慣です。タバコに含まれるニコチンは、毛細血管を収縮させ、頭皮の毛乳頭へ正しく栄養を届けることを妨げてしまうのです。その結果、毛乳頭へ栄養が送られず、髪の成長を阻害してしまいます。

さらに、喫煙習慣によって活性酸素が体内に増え、体内のビタミンCが大量に消費されることで、髪に必要な栄養分が不足し髪が抜けやすくなる原因を作り出してしまいます。

抜け毛を予防する方法

洗髪時の頭皮ケア

まずは正しい頭皮ケアをすることが大切です。洗髪時にゴシゴシと頭を擦ってしまうと爪などで頭皮を傷つけてしまう可能性もあります。よって、指の腹などで揉みほぐすように洗うことが大切です。

また、使用するシャンプーは皮脂を無くすような爽快感を与えるものよりも、アミノ酸系の髪を労わる成分が含まれているものを選ぶことも大切です。

禁煙

髪の毛が抜けやすくするのを予防するためには、喫煙習慣を改善することも大切です。そもそも、タバコは血行を阻害し、髪に必要な栄養成分が毛乳頭へきちんと送られることを妨げてしまいます。

そのため、いきなり禁煙が厳しい場合でも、まずは一日に吸う本数を減らすなどの対策を行うことが大切になってきます。

お酒の過剰摂取は控える

抜け毛を予防したいのであれば、お酒の過剰摂取は控えることです。お酒に含まれるアルコールが体内に入ると、アルコールを分解するために体内のアミノ酸やタンパク質が大量に使用されてしまいます。

これらの成分を髪の毛の成長に回すためにも、飲酒の習慣がある場合は、休肝日を設けた上で、一日の摂取量を抑えていくことが重要です。

生活習慣を整える

抜け毛を予防するためには、まず生活習慣を見直しましょう。規則正しい食生活を送ることで必要な栄養素を髪へと届けることが出来るようになり、自然と髪の健康が改善されます。

また、質の良い睡眠を得ることによって頭皮にストレスを与えず、ヘアサイクルを乱すこともありません。

他にも、適度に運動をして健康を保つことが血行の促進やストレスの解消に繋がり、髪への健康にも影響します。

育毛剤を使用する

手軽に行える薄毛の改善方法として育毛剤が挙げられます。医師の処方がいらず、入手方法も使用も比較的簡単に行えるため、多くのユーザーが使用しています。しかし、流通している薬剤の中には、成分が不確かなものも多く、効果が実感できないなどのケースも少なくありません。そのため、育毛剤を使用する場合はその成分に注目することが大切です。

※厚生労働省が認可した育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」

「毛を育てる」

厚生労働省が認可している有効成分「センブリエキス、グリチルリチン酸、塩酸ジェフェンドラミン」の3種類が含有されていて、その確かな効果から定評があるチャップアップ(CHAPUP)は、その成分にこだわった育毛剤です。

一切の添加物や香料もなく、植物由来の成分を55種類、アミノ酸由来の成分を15種類配合しており、頭皮に優しく、かつ効果をしっかり実感できるようになっています。

チャップアップ公式サイトはコチラ

シャンプーの見直し

洗浄力が強いシャンプーを使用してしまうと肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌が皮脂を出そうと働きます。それにより、汚れがつきやすくなり細菌や炎症が起きやすくなるのです。このような症状が起こると毛根が弱まり抜け毛の原因となります。

このような状況を避けるためにも、薄毛に悩んでいる場合はアミノ酸系のシャンプーを使用すると良いとされています。このアミノ酸は皮膚や髪の毛を生成するたんぱく質の成分です。そのため、皮脂を余分に落としてしまうことなく、しっかりと洗浄した上で毛髪を労わることが出来ます。

※髪と頭皮に着目した「CUシャンプー」

「奇跡のシャンプー」
5種類のアミノ酸系洗浄成分のみで実現した絶妙な配合で構成された「CUシャンプー(チャップアップシャンプー)」はしっかりと洗浄しつつ、髪と頭皮を健やかな状態に保つことが可能なノンシリコンシャンプーです。

オーガニックエキス10種を配合してるほか、RO(逆浸透)膜による純度の高い水を使用しているなど随所に身体へのこだわりが見られ、髪の毛のハリやコシを与えることでボリュームアップを図ります。

チャップアップシャンプー公式サイトはコチラ

抜け毛の悩みがあるならまずはカウンセリングから

抜け毛に悩んでいる人は、育毛剤を使えばその悩みが解消するというわけではありません。先に述べたように、髪が抜け落ちる原因には様々な要素が絡み合っているため、一人ひとりによって症状が異なり、また対処法も異なってきます。

そのため、髪が抜けやすくて悩んでいる方は、一度病院にかかってカウンセリングを受けることをおすすめします。セルフケアでは対処できないことも多いため、専門の医師の指導を受けることで症状が改善することがあります。

髪が異常に抜ける原因とは?詳しい4つの原因やセルフケア法など紹介

「風呂上がりの排水溝に髪の毛がよく詰まる」「寝起きの枕に髪の毛が多くついている」といった場合には、何らかの原因により抜け毛や薄毛の可能性があります。

そこで、今回はそんな髪が抜ける原因について注目して、詳しく紹介していきたいと思います。

髪にはヘアサイクルがある

髪が抜けるとショックを受けてしまいますが、頭の毛も抜ける→生えるを繰り返しているため、多少の抜け毛は心配ありません。

平均的には1日50本から100本ほど抜けるもので、夏のダメージが蓄積する秋は抜け毛量が増えると言われています。

生えてから抜け落ちるまでの周期はヘアサイクルと呼ばれ、このサイクルが正常なら頭皮環境も問題ありませんが、何らかの原因で周期が乱れると抜け毛の原因になる恐れがあります。

髪が抜ける原因

脱毛症

男性の場合

抜ける原因は脱毛症によって異なりますが、男性ホルモンが原因で発症する男性特有のAGAの場合は額の生え際や頭頂部が集中的に抜けるのが特徴的です。

毛のハリやコシがなく産毛のように細く短い毛が増えていて、こうした症状は徐々に進行することで薄毛を引き起こしてしまいます。

女性の場合

女性の抜け毛の原因はFAGAである可能性もあります。このFAGAは女性男性型脱毛症のことで、毛を成長させるために欠かせないエストロゲンの量が減ると、男性ホルモンの量が多くなり抜け毛の原因になります。

FAGAの症状は全体的に薄くなるのが特徴で、毛が全部抜け落ちることはほとんどありません。閉経をきっかけに発症する方も少なくありませんが、無理なダイエットや食生活、ピルが抜け毛の原因になることもあります。

遺伝

両親、もしくは祖父母が薄毛だと自分も何らかの脱毛症を発症する確率が高くなります。

詳しい原因はわかっていないものの、円形脱毛症やAGAなどが比較的発症しやすいと言われています。

ストレス

ストレスもまた毛が抜ける原因になります。強いプレッシャーが心身にかかっている状態だと、脳も常に緊張状態になりリラックスすることができません。そのため、自律神経にも異常をきたし、不安定になってしまいます。

こうした自律神経の乱れで頭皮の毛細血管も縮み、血の巡りが悪くなります。この血行不良が続くと頭皮の細胞に必要な栄養を補給できなくなるため、1本1本が徐々に細くなり、発毛すること自体が難しくなってしまいます。

食生活

食生活のせいで薄毛になるケースも少なくありません。普段の食事で脂質や糖質をたくさん摂り過ぎてしまうと血液がどろどろになります。また、偏食により髪の毛に必要な栄養が行きわたらなくなり、成長を促進することが出来なくなってしまいます。

睡眠不足

睡眠不足も頭皮に致命的なダメージを与えてしまいます。基本的に毛を成長、修復させる成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。

しかし、睡眠時間が少なければ成長ホルモンの分泌量も減るので、髪もしっかり育つ前に抜け落ちてしまいます。

飲酒

飲酒量が多い方は髪も薄くなることがあります。お酒を飲みアルコールが体内に入ると、アセトアルデヒドが増加しAGAの発症率が上昇します。毎日の晩酌が欠かせない男性は特に要注意です。

また、お酒を飲み過ぎてしまうと髪の毛をつくる主成分のケラチンが不足してしまうことも分かっています。ケラチンの生成に必要なアミノ酸は、アルコールを分解するために消費されてしまうので、新しい髪の毛を作るための栄養が不足してしまいます。

喫煙

喫煙者には薄毛が多いと言われますが、タバコのニコチンは脱毛の原因になります。ニコチンを摂取すると毛細血管が収縮し、せっかく摂取した栄養も頭皮まで行き届かなくなります。

さらに喫煙中は体内の活性酵素も増加するので育毛に欠かせないビタミンCも大量に消費されてしまうなど、毛髪にとって決していい環境ではなくなってしまいます。

髪が抜けない為の対策方法

①睡眠

これ以上抜け毛を増やしたくないと思うなら、規則正し生活を心がけ、毎日一定の睡眠時間を確保しましょう。毎日ぐっすり寝れば成長ホルモンの分泌量も増え、髪の毛の修復や成長のために働いてくれます。

特に午後22時から午前2時の間が理想的で、この時間帯は成長ホルモンが出やすいといわれているため髪の毛にとって質の良い睡眠がとりやすくなります。

②バランスいい食生活

抜け毛を防ぎ新たな髪を育てるためにも食生活を改善しましょう。健康な髪の毛に欠かせないケラチンを生成するための成分であるアミノ酸や、ビタミン類や亜鉛などのミネラル、タンパク質などをバランス良く摂取することが大切です。

③過度な飲酒と喫煙を控える

飲酒も喫煙もストレスの発散法として認識している人も少なくありません。しかし、薄毛状態を改善したいなら過度な飲酒と喫煙は控えましょう。そもそもアルコールとタバコの過剰摂取は、髪の毛の健康はもちろん、身体にとっても良い影響を与えません。

そのため、飲酒や喫煙は極力控えたほうが良いとされています。

④適度な運動

身体を全然動かさないことも頭皮や髪によくありません。適度に運動することで毛細血管の循環も改善され健康な髪が生えやすくなります。また、身体を動かすことでストレスも発散しやすくなるので、セ精神的な負荷の発散にも繋がります。

育毛剤を使用する

手軽に行える薄毛の改善方法として育毛剤が挙げられます。医師の処方がいらず、入手方法も使用も比較的簡単に行えるため、多くのユーザーが使用しています。
しかし、流通している薬剤の中には、成分が不確かなものも多く、効果が実感できないなどのケースも少なくありません。そのため、育毛剤を使用する場合はその成分に注目することが大切です。

※厚生労働省が認可した育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」

「毛を育てる」

厚生労働省が認可している有効成分「センブリエキス、グリチルリチン酸、塩酸ジェフェンドラミン」の3種類が含有されていて、その確かな効果から定評があるチャップアップ(CHAPUP)は、その成分にこだわった育毛剤です。

一切の添加物や香料もなく、植物由来の成分を55種類、アミノ酸由来の成分を15種類配合しており、頭皮に優しく、かつ効果をしっかり実感できるようになっています。

チャップアップ公式サイトはコチラ

シャンプーの見直し

洗浄力が強いシャンプーを使用してしまうと肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌が皮脂を出そうと働きます。それにより、汚れがつきやすくなり細菌や炎症が起きやすくなるのです。このような症状が起こると毛根が弱まり抜け毛の原因となります。

このような状況を避けるためにも、薄毛に悩んでいる場合はアミノ酸系のシャンプーを使用すると良いとされています。このアミノ酸は皮膚や髪の毛を生成するたんぱく質の成分です。そのため、皮脂を余分に落としてしまうことなく、しっかりと洗浄した上で毛髪を労わることが出来ます。

※髪と頭皮に着目した「CUシャンプー」

「奇跡のシャンプー」
5種類のアミノ酸系洗浄成分のみで実現した絶妙な配合で構成された「CUシャンプー(チャップアップシャンプー)」はしっかりと洗浄しつつ、髪と頭皮を健やかな状態に保つことが可能なノンシリコンシャンプーです。

オーガニックエキス10種を配合してるほか、RO(逆浸透)膜による純度の高い水を使用しているなど随所に身体へのこだわりが見られ、髪の毛のハリやコシを与えることでボリュームアップを図ります。

チャップアップシャンプー公式サイトはコチラ

セルフケアで改善が見込めない場合

抜け毛を防ぐためのセルフケアに励んでみたものの、一向に改善の兆しがない場合はクリニックに相談しましょう。

薄毛の対策は、早めに治療に取り組むことで改善も早くなる傾向があります。よって「薄毛かも…」と感じたら早めに医師に相談することが大切になります。

薄毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。
薄毛という悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

【看護師監修】発毛剤と育毛剤の違いとは?|使用で悩んでる人は必見!

育毛剤と発毛剤、名前は非常に似ていますが実は全く異なる成分が入っています。成分を理解せずに使用すると副作用などの後遺症に繋がる場合があるので注意が必要です。

そこで今回は、発毛剤と育毛剤のさまざまな違いや入っている有効成分の効能の違いまで詳しく紹介していきたいと思います。

育毛剤:髪の毛に対する6つの代表的な成分

①ノコギリヤシ

ノコギリヤシは育毛剤に含まれる有効成分では代表的な成分です。

効果は男性ホルモンの活発化を抑制し薄毛を緩和する効果があります。

②カプサイシン

カプサイシンもノコギリヤシと同じくらい育毛剤の有効成分としては有名な成分です。

血液循環を活発にさせ頭皮環境を整える他に固まった頭皮を柔軟にさせる効果もあり、柔軟になった頭皮は毛穴の奥まで成分が浸透してより頭皮環境を整える効果を発揮します。

③イソフラボン

イソフラボンは非常に栄養価が高く注目を集めている成分の一つです。

イソフラボンの効果は髪の生成に必要な栄養素を豊富に含んでおりまたアンチエイジング効果や女性ホルモンのエストロゲンと同じ効果があります。

④センブリエキス

センブリエキスは漢方の一種で生薬として漢方の世界では知られています。

効果としては、毛細血管の血流を促進する働きがあり、「頭皮環境を整える」「細胞分裂を促す」といった効果があわさり育毛効果に繋がります。

⑤M-034

M-034はコンブやワカメ、モズクといった海藻類に含まれている成分です。

効果としては脱毛の抑制効果がありそれらが髪の毛の成長に繋がることで育毛効果が期待できます。

⑥亜鉛

亜鉛は牡蠣、牛肉、卵などに多く含まれています。

この亜鉛の効果は「5α-リダクターゼ」の働きを阻害する効果があります。

5α-リダクターゼは男性ホルモンのテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変化する働きがあります。そしてこのDHTはAGA(男性型脱毛症)の原因をつくる男性ホルモンです。

テストステロンをDHTへと変換する5α-リダクターゼの働きを阻害する亜鉛は、育毛剤にはなくてはならない成分の一つです。

※厚生労働省が認可した育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」

「毛を育てる」

厚生労働省が認可している有効成分「センブリエキス、グリチルリチン酸、塩酸ジェフェンドラミン」の3種類が含有されていて、その確かな効果から定評があるチャップアップ(CHAPUP)は、その成分にこだわった育毛剤です。

一切の添加物や香料もなく、植物由来の成分を55種類、アミノ酸由来の成分を15種類配合しており、頭皮に優しく、かつ効果をしっかり実感できるようになっています。

チャップアップ公式サイト

発毛剤:髪の毛に対する3つの代表的な成分

①フィナステリド

フィナステリドは日本では2005年に厚生労働省から認可された、正式な男性型脱毛症の治療薬です。

5α-リダクターゼの働きを阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制し男性型脱毛症の進行を防止する効果などがあるとされています。

②デュタステリド

デュタステリドもフィナステリド同様、5α-リダクターゼの働きを阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)の産生を抑制します。

違いをあげると、5α-リダクターゼには1型と2型と2種類存在しておりフィナステリドは2型の5α-リダクターゼの働きしか抑制することはできません。しかし、デュタステリドは1型と2型、2種類の5α-リダクターゼの働きを阻害する効果があります。さらにフィナステリドよりもデュタステリドの方が2型の5α-リダクターゼの働きを3倍阻害します。そのためデュタステリドはフィナステリドよりも5α-リダクターゼの働きを阻害する効果をもっています。

③ミノキシジル

ミノキシジルはフィナステリドやデュタステリドとは異なるタイプの発毛剤で効果も異なります。

主な効果は血液循環を促し頭皮環境を整える働きがあります。

そのためフィナステリドとミノキシジル、デュタステリドとミノキシジルで併用することが多いです。

もともとは高血圧の治療薬として利用されていましたが使用者に発毛効果がみられたため脱毛症の治療薬として開発されました。

育毛剤と発毛剤の違い

①分類が違う

育毛剤は【医薬部外品】、発毛剤は【医薬品】と分類されており、それぞれ分類が違います。そのため入手方法も大きく異なります。

まず【医薬品】と【医薬部外品】の定義について紹介します。

【医薬品】とは以下のものを指します

・日本薬局方に収められているもの

・人や動物の疾病の診断・治療・予防に使用されることが目的とされているもの

・人や動物の身体の構造や機能に影響を及ぼすことが目的とされているもの

これらの条件が当てはまっているものを医薬品として扱います。

そしてその医薬品の中にはさまざまな種類のものが存在しておりその中に医療用医薬品というものが含まれています。

この医療用医薬品は以下の医薬品を指します。

「主に病院等医療機関における医師の診断と処方に基づき使用される医薬品」

「効き目が強く、重大な副作用を起こす危険もある医薬品」

つまり、この医療用医薬品を入手するには病院やクリニックで医師から処方してもらう以外ありません。

発毛剤は入っている有効成分(フィナステリド・デュタステリド)の副作用がとても強いため医薬品の部類に扱われます。そのため購入する場合はクリニック等で処方してもらわないと入手することはできません。

一方で、【医薬部外品】とは【医薬品】に当てはまらないものをいいます。

医薬品よりは人体への影響が弱く副作用のリスクが低いもののことを指しています。

育毛剤は天然由来の成分が多く含んでいるため人体への作用が緩和です。そのため【医薬部外品】扱いになっています。医薬部外品はドラックストアやお店で購入することができるので気軽に入手することが可能です。

②効果が違う

育毛剤と発毛剤は根本的に効果が違います。

育毛剤は【髪の毛を育てる】効果があります。血液循環を促し頭皮環境を整えて丈夫で強い髪の毛を育むのが育毛剤の目的です。また育毛剤は医薬部外品扱いなので薬局やドラックストアで購入することが可能で男性用、女性用、男女兼用など豊富なバリエーションで販売しています。

発毛剤は【髪の毛を生み出す】効果があります。抜け毛・薄毛の原因のDHTや5α-リダクターゼを抑制し直接髪の毛を生やすのが発毛剤の目的です。そのため直接的な発毛効果を望む場合は発毛剤を使用しましょう。しかし発毛剤は、育毛剤とは違い医薬品のためクリニックや病院でしか処方されないため気軽に購入することができません。また医薬品のため育毛剤よりも副作用のリスクが高いです。使用時は副作用の効果を把握し使用方法と量を守って服用してください。

➂安全性や副作用が違う

発毛剤と育毛剤にはそれぞれ副作用があります。育毛剤は天然由来の成分を多く含んでいるため人体の影響は少なく副作用も発毛剤よりは現れる可能性は低いですが、稀に肌質に合わない人が使用した場合「かぶれ」や「湿疹などのアレルギー反応」といった副作用が発症するので注意が必要です。

発毛剤は化学物質を多く含んでいるため育毛剤よりも副作用が現れる確率は高く「男性機能の低下」「かぶれや湿疹」といった副作用が発症します。さらに医薬品である発毛剤は多く服用すればより効果が出る治療薬というものでもありません。

むしろ薬害の可能性が高くなりますので大量摂取は絶対に行わないでください。また発毛剤に含まれているフィナステリドとデュタステリドは男性ホルモンに影響を与える成分のため女性が服用する想定でつくられていません。そのため女性が誤って服用、接触すると人体に多大な悪影響が現れますので細心の注意を払ってください。

発毛剤が向いている人の特徴

発毛剤の効果は【髪の毛を生み出す】ことです。またAGA(男性型脱毛症)の治療薬して使用されることもあります。そのためAGAが発症している、薄毛の進行が深刻で地肌が目立つから直接髪の毛を生やしたい、発毛効果を強く望むといった方は発毛剤の使用が向いていると言えます。

育毛剤が向いている人の特徴

育毛剤の効果は【髪の毛を育てる】ことです。また育毛剤は医薬部外品のため発毛剤よりも副作用のリスクが低く費用も安いです。そのため副作用が不安、費用を安く済ませたい、いまから薄毛予防したい方は育毛剤の使用をおすすめいたします。

薄毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。

薄毛の悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

育毛剤は効果がない?発毛剤との違いや生えやすくするためのポイントとは

つむじや生え際が年々薄くなり地肌が少しづつ目立ってきたため、この状態を改善しようと育毛剤を使用する方は多いのではないでしょうか。しかし、納得のいく効果が現れないまま、不安な毎日が続いている人も少なくありません。

そこで今回はそんな育毛剤の効果がない場合の原因や改善方法などについて詳しく紹介していきます。

育毛剤には効果がない?

育毛剤に発毛効果はありません。なぜ発毛効果がないかと言うと育毛剤の目的は発毛ではなく発毛促進を目的としているからです。ここでいう【発毛促進】とは、髪の毛が生えやすい環境を整えることを指します。

紫外線などの外的刺激が原因で乱れてしまった頭皮環境を整え、睡眠不足や精神的なストレスが原因で収縮した血行を、拡張し血流を促すなどの効果があります。

そのため育毛剤単体での発毛効果はほとんどなく、継続して使用しても髪の毛が増毛することはありません。まれに、髪の毛が増えたと思う方もいると思いますが、それは頭皮環境が整いヘアサイクルが本来の期間に戻ったことで、髪の毛全体の状態異常が従来に戻っただけなので消して発毛効果ではありません。

特に育毛剤の効果が十分に発揮されるのは、薄毛予防の時のみです。既に薄毛が進行し地肌が目立ち初めている方には効果は見込めませんが、現状維持が目的の場合は納得ができる効果が期待できます。

育毛剤には医薬品と医薬部外品がある

育毛剤などの薬剤には、医薬品・医薬部外品と言う2種類のカテゴリーが存在しています。この2種類の違いは目的と作用が大きく異なります。

医薬品は、主に症状を完治するのが目的のため発毛効果があるミノキシジルという化学物質などを含んでいます。そのため、一定の薄毛改善効果を実感できるものの、副作用が起こりやすいという側面もあり、「薬剤師が在籍しているドラッグストア」や「クリニックによる処方」などで入手することが可能です。

一方、医薬部外品は、主に症状を予防、緩和するのが目的のため自然由来の成分や栄養素などが構成されています。そのため身体にかかる作用が弱く副作用も起こりにくいため、入手方法に制限はなく、手軽に購入することができます。

発毛効果を求めるなら育毛剤よりも発毛剤

育毛剤の効果と目的は現状維持と記載しましたが、一方の発毛剤は発毛効果が目的の医薬品です。よって、「髪の毛を増やしたい」という場合は、育毛剤よりも発毛剤を使用しましょう。

しかし、発毛剤は高い効果の反面、副作用のリスクも多く含んでいます。そのため頭皮に合わないものを長期間使用することは控えてください。

髪の毛をしっかりと生やすためのポイント

①生活習慣の改善

育毛剤を使用するだけでは、抜け毛を減らすことは難しいです。そのため、育毛剤の使用と並行して生活習慣の改善を図ることが大切になってきます。

生活習慣の改善とは「バランスのいい食生活」「質のよい睡眠」「適度な運動」「紫外線対策」などがあります。頭皮環境を乱すことなく、血行促進を促す生活を心掛けましょう。

②頭皮環境を整える

生活習慣の改善からさらに頭皮環境を整える手助けになるのが、普段から使用しているシャンプーやワックスなどの整髪料を頭皮に優しいものへと変える方法です。

アミノ酸系シャンプーや化学物質が少なく自然由来の成分が大半の整髪料などに変えるだけで、頭皮環境の改善を図ることが出来て、育毛剤の効果をより実感することも期待できます。

※髪と頭皮に着目した「CUシャンプー」

「奇跡のシャンプー」
5種類のアミノ酸系洗浄成分のみで実現した絶妙な配合で構成された「CUシャンプー(チャップアップシャンプー)」はしっかりと洗浄しつつ、髪と頭皮を健やかな状態に保つことが可能なノンシリコンシャンプーです。

オーガニックエキス10種を配合してるほか、RO(逆浸透)膜による純度の高い水を使用しているなど随所に身体へのこだわりが見られ、髪の毛のハリやコシを与えることでボリュームアップを図ります。

チャップアップシャンプー公式サイトはコチラ

より効果を実感したいならクリニックでの治療を受けることが大切

「早急に薄毛問題を改善したい」「より効果を実感して薄毛の不安から解放されたい」という方は、クリニックでの治療を受けることを推奨いたします。クリニックには、薄毛を専門にしている医師が在籍しており、あなたの疑問や悩みを払拭出来る方法を提示してくれます。本気で薄毛を解決したいと思う方は、まずクリニックへ相談しましょう。

薄毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。
薄毛という悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

育毛剤の副作用について|安全性やリスク、予防策などを徹底解説

薄毛を改善したくて育毛剤を使用したものの「効果が実感できない」「かゆみや発疹が出てきている」という方はいらっしゃると思います。こうした症状を放置してしまうと取り返しのつかない事態を招く危険性があります。

そこで今回はそんな育毛剤の副作用などについて詳しく紹介していきます。

そもそも育毛剤とは?

育毛剤とは、頭皮環境を整える成分が多く含まれており、いまある髪の毛を強く育てる効果が期待できる薬剤です。

発毛剤との違い

発毛剤と育毛剤、文字はそっくりですが、入っている成分や現れる効果は大きく違います。育毛剤は「現状維持」が目的の薬剤で現状の髪の毛を減少しないために頭皮の保湿・代謝アップ・炎症を抑えるなどの効果が期待できる成分が多く含まれています。

一方で、発毛剤は「発毛を促進させる」のが目的の薬剤で髪の毛を多く生成するために血行促進、毛母細胞の働きを促す効果をあげる成分が多く含まれています。

育毛剤は副作用が起こりにくい

育毛剤は、副作用が起こりにくい薬剤です。それは育毛剤が医薬部外品で自然由来の成分や栄養素を元に構成されている薬剤のため副作用が起こりにくいのです。

医薬品か医薬部外品

医薬品と医薬部外品は、目的が違います。主に症状を完治するために使われるのが医薬品、予防をするために使われるのが医薬部外品です。

そのため発毛剤は「医薬品」、育毛剤は「医薬部外品」と大部分は分けられています。

医薬部外品は、予防目的のため化学物質などが含まれておらず自然由来の成分や栄養素で構成されているため副作用が起こりにくいのですが、医薬品は、症状を完治させるために化学物質が含まれています。化学物質は、副作用を起こすリスクが高いですがその分症状を改善する効果は期待できます。

育毛剤においては医薬部外品の印象がある人も多いかもしれませんが、医薬品として登録されているものも存在しています。

育毛剤でまれに起こる症状

育毛剤は、副作用が起こりにくいと記載しましたが、医薬品である育毛剤の場合は、副作用が起こるリスクは高いです。その医薬品の育毛剤を使用した場合の症状は以下の4つです。

➀かゆみ、かぶれ、発疹

育毛剤の成分が頭皮に合わなくアレルギー反応のような症状でかゆみ、かぶれ、発疹が起こります。この症状を問題視せずに使用を継続した場合は、大量のフケに繋がり脂漏性皮膚炎を引き起こす場合があるため注意が必要です。

②循環器系・代謝系・精神系のトラブル

医薬品の育毛剤に含まれているミノキシジルには、これらのトラブルを起こす効果はないと厚生労働省で証明されています。そのためこの医薬品の育毛剤単体ではこれらのトラブルは発生しません。

しかし、この育毛剤を使用後になんらかの原因がきっかけとなり、これらの症状が現れる可能性はあるため注意が必要です。

育毛剤を使用する際は簡易テストを行おう

育毛剤には、簡易テストと言うものがあります。使用する育毛剤を1~2摘程腕に垂らし絆創膏などで留めて1~2日程度放置した際にかゆみや発疹が発生しなかった場合は、使用に何ら問題はありません。異常がでた場合は、使用は控えてください。

育毛剤を使用して何らかの異常が見られる場合はクリニックへ

育毛剤を使用してなんらかの異常が見られる場合は、早急にクリニックでの診断を受けてください。

最初の段階であれば、かゆみや発疹などの症状が現れるだけで我慢できるレベルですが、こうした状態を放置して、そのまま使用を続けると頭皮に酷い炎症を引き起こす脂漏性皮膚炎やそれに伴う脱毛症を引き起こす可能性もあります。

よって、少しでも違和感がある場合は、迷わず近くのクリニックへ相談しましょう。

薄毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。
薄毛という悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

薄毛の予防について|5つの方法や症状が現れた場合の注意点を解説

10代の頃と比較しても明らかに髪の毛の量が少なくハリがなくなっていることで日に日にハゲへの危機感が増えている方は少なくありません。しかし、適切なケアを行うことで薄毛を予防することも可能です。

そこで今回はそんな薄毛の原因や薄毛の予防法について詳しく紹介していきます。

ヘアサイクルとは

ヘアサイクルとは、新しい髪の毛が生まれてから抜け落ちるまでの期間またはサイクルのことをいいます。このヘアサイクルは、「成長期」「退行期」「休止期」の3つの期間に分けられています。

そもそも髪の毛には寿命があり、最終的には自然に抜けて新しい髪の毛に生え変わります。そのため1日の抜け毛の量は決まっており、1日平均50~100本は自然と抜け落ちます。

しかし、この抜け毛の数が100本以上抜ける場合はAGAをはじめとした脱毛症の可能性があります。こうした脱毛症は、ヘアサイクルを乱し、成長期途中の髪の毛が抜けてしまったり、休止期が長くなってしまう可能性もあります。

薄毛の原因

薄毛の原因にはAGAなどの脱毛症、生活習慣の乱れ、精神的ストレス、飲酒、喫煙、ホルモンバランスの乱れなどさまざまな要因があります。

場合によっては、原因が複数組み合わさって抜け毛に繋がるケースもあるため、自己判断で薄毛の原因を特定するのは難しく、クリニックに相談する必要があります。

薄毛を生活面から予防方法

①ケラチンが生成されやすい食事

髪を形成している主な栄養素がケラチンと言うアミノ酸です。このケラチンが不足してしまうと発毛が止まり薄毛化が進行してしまいます。

ケラチンを生成するには、たんぱく質・ビタミン群・ミネラルが必要です。これら3つを中心とした食生活を心掛けることでケラチン不足が起こらない状況を作りましょう。

・タンパク質
大豆、卵、生ハム、イワシ丸干し

・ビタミン群
卵、レバー、マグロ、納豆、人参、南瓜、ブロッコリー、柑橘系の果物、イチゴ、キウイフルーツ

・ミネラル類
牡蠣、イワシ、レバー、アーモンド、チーズ

②良質な睡眠

良質な睡眠をとることで血行不良の改善や自律神経を整えるなどの効果が期待できます。

まず、就寝する時間帯は22時~深夜2時が最適です。この時間帯は、髪の毛を修復・育毛の効果が期待できる成長ホルモンが活発的に分泌していると言われています。そのため、このタイミングに睡眠をとることで、髪の毛や頭皮の環境を整えることができます。

また、寝る前にスマートフォンなどの電子機器の使用は控えてください。スマートフォンなどから発しているブルーライトには眼球疲労や体内リズムを崩す効果があり、気付かないうちに疲労が蓄積し、良質な睡眠の妨げになってしまいます。

③喫煙・飲酒の過剰摂取は控える

飲酒のデメリット
・アルコールの分解でケラチン生成に必要なアミノ酸システインやメチオニンを大量に消費する
・アルコールの分解に追われて肝臓の代謝機能が低下する
・栄養素を吸収する細胞がアルコールの影響で機能が低下する
・利尿作用でトイレの回数が増えて多くの栄養素(水溶液性のビタミン群など)が外に排出されてしまう
・アルコールの分解の過程に発生するアセトアルデヒドと言う物質にはAGA(男性型脱毛症)を促進させる効果がある

喫煙のデメリット
・AGAの原因になるDHTを増やす効果がある
・血流を悪くし頭皮に必要な栄養が届けづらくなる
・肝臓の代謝機能が低下し、髪の毛に必要な栄養がつくれなくなる

上記のデメリットが発生するため喫煙や飲酒はできれば控える必要があります。これらを過剰に摂取し続けると高い可能性で頭部の薄毛化が進行してしまいます。

飲酒は過剰に摂取せず決められた量を守り、喫煙も本数を減らすか、禁煙が好ましいです。

④紫外線防止

紫外線には、頭皮の光老化(紫外線によるダメージで皮膚が老化する現象)、乾燥、頭皮を守っている皮脂膜の酸化などの影響があります。これらは、すべて頭皮環境を乱す原因になるので紫外線対策を行わずに放置すると髪の毛が育ちづらい環境を作ってしまいます。

また乾燥、皮脂膜の酸化といった症状は、頭皮にふけや痒みの症状をもたらす可能性があります。その結果、頭皮をかく回数が増えてしまい抜け毛や切れ毛が増加する原因になります。

対策法としては、直射日光を避けるために日傘や帽子などで頭部を紫外線から防ぐことが大切です。その際に、不衛生な帽子などを長時間使用すると毛穴のつまりやふけ、頭皮の炎症に繋がるので注意が必要です。

⑤正しい洗髪方法

洗髪時に爪などを立てて頭皮をかくような方法で洗髪を行うと頭皮が傷つき炎症が起こる原因になります。その結果、頭皮環境が乱れてしまい抜け毛が増加してしまいます。

そうならないために洗髪を行う時は、指のお腹で頭皮を揉むように洗いましょう。こうすることにより頭皮を傷つける心配はなく、また硬化した頭皮を和らぐ効果も期待できます。

また、お湯の温度が高いと頭皮に負荷がかかったり、必要以上に油分をおとしたりする危険性があるので37度ぐらいが望ましいとされています。その上で、シャンプーの種類を頭皮に優しい弱酸性の物やアミノ酸系に変えるとさらに頭皮環境を整えることが可能です。

※髪と頭皮に着目した「CUシャンプー」

「奇跡のシャンプー」
5種類のアミノ酸系洗浄成分のみで実現した絶妙な配合で構成された「CUシャンプー(チャップアップシャンプー)」はしっかりと洗浄しつつ、髪と頭皮を健やかな状態に保つことが可能なノンシリコンシャンプーです。

オーガニックエキス10種を配合してるほか、RO(逆浸透)膜による純度の高い水を使用しているなど随所に身体へのこだわりが見られ、髪の毛のハリやコシを与えることでボリュームアップを図ります。

チャップアップシャンプー公式サイトはコチラ

セルフケアで予防できなかった場合はクリニックへ

こうした予防策を講じてきても、薄毛になってしまった場合には早めにクリニックへ行きましょう。何らかの脱毛症の危険性もあり、放置していても症状が進行してしまいます。

クリニックでは、カウンセリングや診断を受けることで自身の薄毛の原因や脱毛症に効果的な対策を打つことも可能です。

薄毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。
薄毛の悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。