頭頂部の植毛|人気の高い植毛の施術内容を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢と共に頭頂部が薄くなってきた場合、効果的な施術が【植毛】です。薬剤などを使用した治療方法と違い、すぐに効果を実感できる施術で、中々時間が取れないという人にも向いている施術と言えます。

そこで今回は、頭頂部に植毛を行う場合、知っておきたい様々な情報をご紹介していきたいと思います。

植毛の種類

植毛には「人工植毛」と「自然植毛」の2種類があります。

しかし人工植毛は、自然植毛よりも定着率が悪く、拒絶反応などの人体に悪影響が現れる確率が高いため、現在では人工植毛よりも自然植毛を推奨しているクリニックが多いです。

また、植毛の施術方法には「FUE法」「FUT法」の2種類が存在します。

FUE法とは

FUE法は移植する毛根の元を側頭部や後頭部から採取する際に切開を行わない施術方法です。

パンチブレードと呼ばれる機械を使って毛根をくり抜くことで、切開を行わずに毛根を採取します。また、移植するときも、このパンチブレードで移植用の穴をつくり採取した毛根を植毛していきます。

切開を行わないため、施術後の痛みは少なく、「ダウンタイム期間も短い」「抜糸の必要がない」というメリットがあります。そのため、施術後の傷跡や頭皮の痛み、後遺症の不安がある方にはおすすめの施術方法です。

一方でパンチブレードは毛根を1つ1つくり抜く作業のため手術に大幅な時間がかかります。そして手作業でくり抜いているので毛根を傷つけてしまい移植しても発毛しない「ドナーロス」というデメリットがあります。

これは主に担当医師の技術不足が原因なので施術を受けるまえは入念なカウンセリングなどを行い信頼できる医師かどうかの判断が重要になってきます。

FUT法とは

FUT法は皮膚を切開する施術方法です。FUT法はメスで側頭部や後頭部から移植用の毛根を頭皮ごと切開してそこから移植用の毛根をつくり植毛する施術方法です。

FUT法の最大の特徴はFUE法よりもドナーロスの確率が限りなく低いことです。切開した頭皮から実体顕微鏡を使って丁寧に毛根を摂取していくので毛根が傷つくことはほぼありません。

しかし、頭皮を切開するのでTUE法よりも手術後の痛みの後遺症が激しく、「ダウンタイム期間が長い」「切開をしているので抜糸の必要があり通院しなければならない」といったデメリットが存在します。

頭頂部の植毛は医師の高い技術力が必要

【植毛】を行う上で、頭頂部は生え際と違いボリューム感が出づらい部分と言われていて、つむじなどの元々の髪の流れを再現するためのヘアデザインのセンスを求められます。

他にも、高密度の自毛を短時間で植毛する必要がある施術のため医師の高い技術力も求められます。

頭頂部の植毛の難易度が高い理由

①頭頂部の植毛には大量の髪の毛が必要

生え際などの植毛範囲が狭い箇所はグラフトが少なく済みます。しかし頭頂部などの広範囲での植毛は大量の髪の毛が必要になります。

また頭頂部の植毛は生え際の植毛と違い高密度な自毛が必要になってきます。生え際の植毛は髪を垂らし流れをつくることでカバーは可能ですが頭頂部はカバー方法がなく髪質が悪いと地肌が目立ってしまうため高密度な自毛が必要になってきます。

さらに短時間で鮮度の高い毛根を移植しないと毛根が劣化または痛んでしまってドナーロスの可能性が非常に高くなります。そのため高い技術力がある医師の元で施術を行う必要があります。

②頭頂部の再現は困難

つむじ周りの髪の流れを再現するには医師の高い技術力が必要です。

つむじ周りの髪は個人差で流れやつむじの数が異なりそれぞれ独特の流れが存在するため、再現するのは非常に難易度が高いです。

また、髪の毛の量の見極めや施術を行いながらヘアデザインを考えないといけないため、施術を行う医師には高い技術が求められます。

薄毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。

薄毛という悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*