頭頂部の薄毛が起こる原因とは?症状が気になる場合の対処法も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭頂部は自分で確認することが難しい場所でもあります。そのため、薄毛になってしまっても気付きにくいと言われています。また、そうした点に加えて、最近では若年層でも薄毛に悩む方が増加傾向になっていると言われています。

そこで今回は、頭頂部が薄毛になる原因や、症状を改善するための対処法など詳しく紹介します。

頭頂部が薄い状態の【毛髪】の特徴

頭頂部が薄いとされる場合、後頭部や側頭部よりもつむじ周辺の髪の毛が細くなり、さらにはハリやコシがなくなります。

また、頭皮の色が赤くなっている場合、血行不良を起こしていると考えられます。全体的に赤い場合はそれが影響して頭頂部の髪の毛が薄くなっている可能性が高いと言えます。

頭頂部の薄毛の原因

原因①AGA(男性型脱毛症)・FAGA(女性男性型脱毛症)

頭頂部の薄毛の原因として、男性の場合AGA、女性の場合FAGAが関係していると考えられています。

AGA(男性型脱毛症)

AGAは、生え際や頭頂部の髪の毛が徐々に薄くなっていく症状のことです。

テストステロンという男性ホルモンが5aリダクダーゼと結合し、ジヒドロテストステロンが生成されます。それにより、毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターに反応して髪の毛の生成に異常を起こすのです。一般的に、男性ホルモンや遺伝が原因となり起こると言われています。

FAGA(女性型脱毛症)

FAGAは、AGAと異なり髪の毛が細くなってしまい、頭皮全体のボリュームが少なくなっていく症状のことです。その影響により地肌が見えるようになることで薄毛と判断されます。

加齢によって女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減少します。それにより、体内でコラーゲンの生成がされにくくなり髪にハリやコシがなくなってしまうのです。

一般的に、更年期の女性に起こりやすいと言われています。また若年層に起こる場合は、ストレスや栄養不足が原因でしょう。

原因➁ストレス

ストレスを溜めることによって頭頂部の薄毛が起こりやすいと考えられます。

ストレスを溜め込むと、脳が常に緊張状態となってしまいます。そのため自律神経が乱れてしまい頭皮の毛細血管が縮小してしまいます。その影響により血流に障害を生じ、髪に必要とされる栄養素が行き渡らなくなってしまうことで症状を引き起こしてしまいます。

ストレス社会と言われる現代において、こうした原因によって起こる薄毛は増加していると言われています。

原因➂食生活

食生活が乱れることによって薄毛が発症することもあります。

脂質や糖質などを過剰に摂取し偏った生活をしてしまうことで、髪の毛の成長に必要な栄養素を摂取することが出来ないまま、慢性的に栄養が不足することで薄毛の原因になってしまうのです。

原因➃寝不足

睡眠中に分泌される成長ホルモンは髪の毛を成長させたり修復させたりする働きがあります。

この成長ホルモンは年齢を重ねるうちに減少していきます。睡眠時間が短いと、ただでさえ減少している成長ホルモンの分泌量もさらに少なくなり、満足に毛髪のダメージを修復することが出来ずに薄毛となってしまいます。

原因➄飲酒

体内にアルコールが入るとAGAの原因となるアセトアルデヒドが増えます。また、お酒を飲み過ぎると、髪の毛の主成分のケラチンを作るために重要なアミノ酸がアルコールの分解に使われてしまい新しい髪の毛が作れなくなってしまいます。

原因➅喫煙

タバコのニコチンには毛細血管を収縮する効果があり、髪の毛の栄養素を運ぶ血流を阻害してしまいます。また、体内の活性酸素が増えて大量のビタミンCが消費されます。そのため、髪の成長に必要な量が確保できずに薄毛となってしまうのです。

原因➆紫外線

頭頂部のつむじ付近は紫外線の影響を受けやすいと言われています。この紫外線の影響で日焼けをすることによって、頭皮が硬くなるなどの現象が起き、薄毛に繋がります。

頭頂部の薄毛が気になる場合の対処法

➀生活習慣の改善

食生活、睡眠時間、運動など生活習慣が乱れることで自立神経も乱れホルモンバランスも崩れてしまい、その影響で髪が抜け落ちてしまいます。よって、まずはそうした点から改善を図ることが大切になってきます。

・食生活

食生活は脂っぽく高カロリーな食べ物は避け、タンパク質やビタミン類が豊富に含まれている食材を摂取するように心掛けましょう。また、特定の食材ばかりに偏らず、バランスよく摂取することも大切になってきます。

・睡眠

睡眠時間も個人差はありますが、1日7時間程度が髪の毛にとって適切な時間と言われています。また、単純な時間だけでなく、睡眠の質にもこだわるとより効果的です。

良質な睡眠を取るためにも、成長ホルモンの分泌が多いとされている22時~2時までの間に睡眠をとったり、就寝前に携帯電話やパソコンを触らなかったりすることが大切です。

・運動

有酸素運動を行うことは血行を促進する効果があるので、髪の毛の成長に必要です。汗とともに脱毛の原因となるホルモンを排出させることもできると言われています。また、ストレスの改善にも一定の効果があるため、無理をしない範囲で適度に行うことが大切と言えます。

➁シャンプーの見直し

洗浄力が強いシャンプーを使用してしまうと肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌が皮脂を出そうと働きます。それにより、汚れがつきやすくなり細菌や炎症が起きやすくなるのです。このような症状が起こると毛根が弱まり抜け毛の原因となります。

このような状況を避けるためにも、薄毛に悩んでいる場合はアミノ酸系のシャンプーを使用すると良いとされています。このアミノ酸は皮膚や髪の毛を生成するたんぱく質の成分です。そのため、皮脂を余分に落としてしまうことはなく、しっかりと洗浄することが出来ます。

※髪と頭皮に着目した「CUシャンプー」

「奇跡のシャンプー」
5種類のアミノ酸系洗浄成分のみで実現した絶妙な配合で構成された「CUシャンプー(チャップアップシャンプー)」はしっかりと洗浄しつつ、髪と頭皮を健やかな状態に保つことが可能なノンシリコンシャンプーです。

オーガニックエキス10種を配合してるほか、RO(逆浸透)膜による純度の高い水を使用しているなど随所に身体へのこだわりが見られ、髪の毛のハリやコシを与えることでボリュームアップを図ります。

チャップアップシャンプー公式サイトはコチラ

➂マッサージをする

頭皮のマッサージを行うことも、頭頂部の薄毛に良いと考えられます。こうしたケアを行うことで頭皮の血行を活発化させます。その結果、髪へ運ばれた栄養の吸収効率を高めたり新陳代謝を高めたりする効果が期待できるのです。

入浴中に、程よい力加減でマッサージを行うようにしましょう。

改善されない場合はクリニックへ行きましょう

髪の毛は1度抜け落ちてしまうと、生えるまでに時間を必要とします。また、セルフケアで対応しても即効性がなく、はっきりとした改善が見られないケースもあります。

そのため、確実に治すためにはクリニックの医師に診断してもらいましょう。薄毛に対して知識がある医師ならば自身の症状に合った適切な治療を施してくれるでしょう。

頭頂部の薄毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。 頭頂部の薄毛という悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*