【必見】薄毛に悩んでいるなら知っておきたい原因や対処方法を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「髪にボリュームがなくなった」「抜け毛がひどくなった」という症状でお悩みではありませんか。薄毛は加齢によるものだけでなく、さまざまな原因で起こります。原因に応じた適切な対処をとることで、改善する可能性があります。

そこで、ここでは、薄毛になる原因やその対策、やりがちな間違った対処法などを紹介していきます。薄毛対策は予防にも効果がありますので、現在薄毛で悩んでいないという人も、今の状態をキープするために知っておきましょう。

薄毛になる原因

①頭皮環境の悪化

薄毛になる大きな原因の1つが、頭皮環境の悪化です。頭皮環境の悪化とは、血行不良・過剰な皮脂の分泌・乾燥などで地肌の状態が悪くなることを指します。頭皮の血行不良は、全身の冷えや肩こり、ストレスなどが原因で起こることがあります。

また、地肌が乾燥してカサついた場合も血流は滞ります。この血行が悪くなると、毛根に髪を生やすために大切な栄養や酸素が十分に行き届かなくなっていきます。そうなってしまうと、最終的に髪は太く成長せずに少しの刺激で抜けるようになります。さらに、新しい髪はなかなか生えてこなくなり薄毛に結びついてしまいます。

また、頭皮にある皮脂腺から過剰に皮脂が分泌されると毛穴詰まりを起こし髪の成長を妨げる要因となってしまうことも考えられます。

②髪への栄養不足

髪を健やかに成長させるためには、充分な栄養が必要です。特に必要な栄養素は、ミネラル・ビタミン・たんぱく質などです。これらは日ごろの食事からしっかり摂取する必要があります。

しかし、揚げ物のような油っぽいものばかり食べている・甘い物を好んで食べるといったように、脂質や糖質の多い栄養バランスの偏った食生活を行っていると、必要な栄養が不足してしまいます。そうなってしまうと、栄養はまず身体の各臓器に運ばれ、髪は後回しとなることが普通です。

すると髪に十分な栄養が行き届かなくなってしまい、太く成長できず、細くて抜けやすい状態になります。さらに、油脂ばかり摂取すると頭皮の皮脂分泌が盛んになり、毛穴詰まりや雑菌の繁殖も招きかねません。

③整髪剤による薄毛

頭皮についた整髪剤などが毛穴を塞いだり皮膚にかぶれや炎症を起こしたりして、頭皮環境が悪化する恐れがあります。

髪にしっかり付着するタイプはすっきり洗い流すために強い力でこすったり、洗浄力の強いシャンプーを使ったりする必要があります。しかし、こうした行為は頭皮に負担をかけ、結果的に薄毛を招く原因となるので注意が必要です。

④薄毛を気にしすぎる事による余計なストレス

薄毛は、本人にとっては恥ずかしく気になるものです。しかし、あまり気にし過ぎるとそれがストレスとなり、髪の状態には悪影響となってしまいます。

このような過度のストレスがかかると自律神経のバランスが乱れてしまいます。この自律神経には興奮や活動を司る交感神経と、休息を司る副交感神経の2種類があり、交互に活性化することでスムーズな活動を行っています。

しかし、バランスが乱れると、交感神経ばかりが活発化してしまい、血管が収縮することで全身の血液の流れが悪くなります。その結果、毛根まで栄養が届けられなくなって髪がしっかり育たずに抜けるようになってしまいます。

薄毛の対策方法

①頭皮ケア

洗浄力が強いシャンプーを使用してしまうと肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌が皮脂を出そうと働きます。それにより、汚れがつきやすくなり細菌や炎症が起きやすくなるのです。このような症状が起こると毛根が弱まり抜け毛の原因となります。

このような状況を避けるためにも、薄毛に悩んでいる場合はアミノ酸系のシャンプーを使用すると良いとされています。このアミノ酸は皮膚や髪の毛を生成するたんぱく質の成分です。そのため、皮脂を余分に落としてしまうことなく、しっかりと洗浄した上で毛髪を労わることが出来ます。

※髪と頭皮に着目した「CUシャンプー」

「奇跡のシャンプー」
5種類のアミノ酸系洗浄成分のみで実現した絶妙な配合で構成された「CUシャンプー(チャップアップシャンプー)」はしっかりと洗浄しつつ、髪と頭皮を健やかな状態に保つことが可能なノンシリコンシャンプーです。

オーガニックエキス10種を配合してるほか、RO(逆浸透)膜による純度の高い水を使用しているなど随所に身体へのこだわりが見られ、髪の毛のハリやコシを与えることでボリュームアップを図ります。

チャップアップシャンプー公式サイトはコチラ

②食事を見直す

髪を健やかに育てるのに特に必要な栄養素には、たんぱく質・ビタミン類・ミネラルがあります。

髪の主成分はケラチンと呼ばれる物質ですが、この成分はたんぱく質の1種なので、当然たんぱく質が不足すれば、毛髪内部がスカスカになり抜けやすくなってしまいます。

また、ビタミン類には頭皮の血行や新陳代謝を促したり、栄養の吸収率を高めたりする働きがあり、ミネラルも、亜鉛や鉄分、カルシウムなどを積極的に摂取することがいいとされています。

こうした栄養素をバランスよく取れるように食生活を見直すことも、薄毛の予防や改善には大きな意味を持ちます。

③有酸素運動を行う

適度な運動をすることも頭皮を健康にするのに効果的です。特に、水泳やウォーキングといった酸素をしっかり取り込みながら行う運動が良いとされています。

こうした有酸素運動を行うと、全身の血流が良くなります。すると頭皮の血行も改善され、栄養や酸素が毛根まで行き届きやすくなるのです。

AGA型脱毛症はDHTが原因で発症しますが、運動を行うと汗と共に体外に排出されることが分かっています。そのため、AGAの予防や改善などが期待できます。

薄毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。

薄毛という悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*