若ハゲが進む原因とは?実は9割の人がAGAの可能性があるという事実!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近増加の傾向がみられる「若ハゲ」。20代~30代から発症する若ハゲですが、早い方だと10代で発症する人もいると言われています。なぜそんな若い内にハゲてしまうのでしょうか?

そこで今回はそんな若ハゲの原因について詳しく紹介していきます。

若ハゲとは

若ハゲとは、若い内から髪の毛が細く、薄毛化が深刻に進行し始めてる方のことを言います。

若ハゲの発症時期はまだ正確に判明されていませんが20代~30代の世代が多いと言われています。しかし早い方だと、10代から症状が現れる方もいます。そして若ハゲは加齢で発症するハゲとは、まったく異なる原因で症状が進行していくので改善方法も異なります。そのため間違った治療法を選んでしまうと症状が悪化する事態があるので注意が必要です。

若ハゲになってしまう原因は?

頭皮環境の乱れ

ホルモンバランスの乱れや血行不良、外的刺激、皮脂の大量分泌などで頭皮環境が乱れると若ハゲの原因になります。

特に、

・誤ったシャンプー方法や無理なヘアスタイルなどで頭皮を傷つける
・紫外線の影響
・睡眠不足や運動不足での血行不良
・精神的なストレスを溜め込む
・脂肪分が多い食事

は大きなダメージを頭皮に与えてしまいます。

頭皮環境が乱れてしまうと髪の毛を形成、状態を保つ、良好にするための栄養素が満足に送れなくなるので髪の毛は徐々に細く弱々しくなります。そして弱々しい髪の毛は少しの刺激で簡単に抜けてしまうため薄毛化が進行してしまうのです。

その状況を作ってる原因が上記の行為になりますので思い当たるものがある方は注意してください。

栄養不足

栄養不足は若ハゲの原因と言われており、

・脂肪分や添加物が多い食生活が中心で野菜を摂取する機会が少ない
・断食などの無理なダイエット
・たばこやアルコールによる栄養素の消費

などは特に注意が必要です。

髪の毛を形成している栄養素は9割がケラチンと言うアミノ酸でできています。このケラチンが不足すると髪の毛の生産量が減少してしまうため髪全体が薄くなるのです。このケラチンを生成している栄養素がたんぱく質、ビタミン類、ミネラル類です。

またタバコとアルコールは髪の毛を形成するのに必要な栄養素のアミノ酸とビタミンCを大量に破壊もしくは消費してします。これらが不足してしまうと、髪の毛を形成するのが困難になります。

若ハゲの9割はAGAの可能性がある

ここまでご紹介してきた若ハゲは、実はAGAの可能性があります。およそ9割がこの脱毛症にかかっているとされていて、早めに治療に取り組まないと、薄毛や抜け毛が進行してしまう可能性があります。

AGAとは?
AGAとは、DHT(ジヒドロテストステロン)と言う男性ホルモンが、毛母細胞(髪の毛を形成している細胞)内の男性ホルモン受容体と結合することで、毛母細胞の細胞分裂を妨害します。その結果、髪の毛の成長が止まり、ヘアサイクルが短くなり乱れて薄毛化が進行していきます。この症状が多くみられるのが頭頂部と生え際のためその部分が薄くなっている方は、AGAの可能性が高いです。

若ハゲ対策に効果的なセルフケアはこれ!

頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーを使用する

洗浄力が強いシャンプーを使用してしまうと肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌が皮脂を出そうと働きます。それにより、汚れがつきやすくなり細菌や炎症が起きやすくなるのです。このような症状が起こると毛根が弱まり抜け毛の原因となります。

このような状況を避けるためにも、薄毛に悩んでいる場合はアミノ酸系のシャンプーを使用すると良いとされています。このアミノ酸は皮膚や髪の毛を生成するたんぱく質の成分です。そのため、皮脂を余分に落としてしまうことなく、しっかりと洗浄した上で毛髪を労わることが出来ます。

※髪と頭皮に着目した「CUシャンプー」

「奇跡のシャンプー」
5種類のアミノ酸系洗浄成分のみで実現した絶妙な配合で構成された「CUシャンプー(チャップアップシャンプー)」はしっかりと洗浄しつつ、髪と頭皮を健やかな状態に保つことが可能なノンシリコンシャンプーです。

オーガニックエキス10種を配合してるほか、RO(逆浸透)膜による純度の高い水を使用しているなど随所に身体へのこだわりが見られ、髪の毛のハリやコシを与えることでボリュームアップを図ります。

チャップアップシャンプー公式サイトはコチラ

帽子などで頭皮への直射日光を避ける

紫外線には、頭皮の老化(光老化現象)や活性酸素を蓄積させる効果があります。光老化と活性酸素は髪を形成する細胞の「毛母細胞」の働きを妨げる効果があります。また、紫外線には頭皮を乾燥させる効果もあり、乾燥した頭皮は硬化しやすく頭皮環境を乱します。そうした点から長時間の頭皮への直射日光は若ハゲの原因になります。

よって、外出をする時は、紫外線対策で帽子をかぶったり、なるべく木陰を歩いたりなどの対策を行うことが大切です。

適度の運動と良質な睡眠でストレスをためない生活を送る

適度の運動と良質な睡眠には、血行の改善や精神的なストレスを解消する効果があります。運動は汗を流し代謝を上げることが重要なため有酸素運動などがオススメです。

また、睡眠は時間も大切ですが就寝する時間も重要とされています。成長ホルモンが多く分泌する時間帯は22~深夜2時とされていて、「髪のゴールデンタイム」と言われています。この時間帯に睡眠をとることで髪質の改善や修復、育毛効果が変わってきます。

バランスが整った食事を心がける

・外食やインスタントはなるべく控える
・カボチャ、ニンジン、パプリカなどのビタミン群が豊富な緑黄色野菜を摂取する
・大豆、枝豆、牡蠣、レバーなどでミネラル、たんぱく質を摂取する

髪の毛の成長に必要な栄養素はタンパク質やミネラル、ビタミンなどです。こうした栄養素を多く含んでいる食材を積極的に摂取することで脱毛の症状を緩和させることも可能です。

喫煙、飲酒は本数を減らす

上記で記載した通り、喫煙や飲酒は、髪の毛に必要な栄養素を破壊または多く消費します。そのため、そうした摂取量を減らすことで薄毛の進行を緩和させることも可能です。

AGA治療はクリニックに相談することが大切

AGAの原因であるDHTを抑制することでAGAを治療することが可能です。治療方法は、フィナステリドやサガーロなどの錠剤タイプやミノキシジルの外用薬タイプを使用する方法などがあります。

早急にAGAを改善したい場合は、クリニックで診察を行ったうえで、自身の状態に適した治療を行うことが大切になってきます

若ハゲで悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。
薄毛または若ハゲという悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*