若ハゲ対策でやっておくべき9つのこと!自宅で簡単にできる方法を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「少しずつ髪の毛が薄くなっている」「最近抜け毛が多い」と感じている方はいませんか?昨今、若ハゲの症状が現れる方が増加しています。

そこで今回は、そんな若ハゲの原因から見えてくる9つの対策方法を詳しく紹介していきます。

若ハゲとは

若ハゲとは、10代~30代の若い内に髪の毛が薄くなってしまうことで、頭皮が見えてしまう状態のことを指しています。「若年性脱毛症」とも言われていて、その大半がAGA(男性型脱毛症)です。

そもそもAGAとは、ジヒドロテストステロンが毛母細胞に結合することでヘアサイクルが短くなり、脱毛の量が増える病気です。主に頭頂部や前髪の生え際などから薄毛が進行してしまい、放置してしまうと、どんどんと薄くなっていってしまいます。

若ハゲになる原因とは

早い方だと10代から症状が現れる若ハゲですが、引き起こしてしまう直接的な原因としては栄養不足頭皮環境の乱れが挙げられます。

栄養不足の場合、髪の毛自体の形成が困難になる他に髪質の維持や太さが失われて細く弱々しい髪質になってしまいます。また、頭皮環境が乱れている場合も、頭皮は硬くなり血行不良になることで栄養を毛母細胞(髪を形成する細胞)に送ること困難になり髪の毛が細くなるため抜け毛が増加してしまいます。

自宅で簡単!9つの若ハゲ対策って?

①バランスのとれた食事をとる

バランスのとれた食事をとることで若ハゲのの原因である栄養不足を解消することができます。1日三食摂取することが望ましいとされていて、なおかつ栄養分をバランスよく摂取することが大切です。

特に摂取したいのが「たんぱく質・ビタミン群・ミネラル」といった栄養素です。これらは緑黄色野菜や牡蠣、大豆などに多く含まれており、摂取することで髪の毛の元となるケラチンの生成を促すことが可能です。

②シャンプーの見直し

洗浄力が強いシャンプーを使用してしまうと肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌が皮脂を出そうと働きます。それにより、汚れがつきやすくなり細菌や炎症が起きやすくなるのです。このような症状が起こると毛根が弱まり抜け毛の原因となります。

このような状況を避けるためにも、薄毛に悩んでいる場合はアミノ酸系のシャンプーを使用すると良いとされています。このアミノ酸は皮膚や髪の毛を生成するたんぱく質の成分です。そのため、皮脂を余分に落としてしまうことなく、しっかりと洗浄した上で毛髪を労わることが出来ます。

※髪と頭皮に着目した「CUシャンプー」

「奇跡のシャンプー」
5種類のアミノ酸系洗浄成分のみで実現した絶妙な配合で構成された「CUシャンプー(チャップアップシャンプー)」はしっかりと洗浄しつつ、髪と頭皮を健やかな状態に保つことが可能なノンシリコンシャンプーです。

オーガニックエキス10種を配合してるほか、RO(逆浸透)膜による純度の高い水を使用しているなど随所に身体へのこだわりが見られ、髪の毛のハリやコシを与えることでボリュームアップを図ります。

チャップアップシャンプー公式サイトはコチラ

③無理なヘアスタイルや整髪料の使用を控える

無理なヘアスタイルや過剰な整髪料の使用は頭皮の負荷を増やします。特に髪の毛を強く引っ張るヘアスタイルは、本来の髪の毛の流れを無理に変えているため毛根の負荷が酷いとされています。

そのためにも、髪の毛には負担をかけない髪型を心がけていく必要があります。また、整髪料は自然由来成分が多いものを使用することも効果的です。

④有酸素運動をする

有酸素運動などの体内に酸素が多くいきわたる運動を行いましょう。こうした運動を行うことで、心拍機能を高めたり、全身に酸素をいきわたらせたりする効果があります。

血流の循環が良好であれば、栄養を毛母細胞に届けやすい環境を作ることができるため、髪の毛の健やかな成長を促すことも期待できます。

⑤良質な睡眠をとる

睡眠不足は、自律神経の乱れと成長ホルモンの分泌を減少させます。自律神経の乱れは血行不良になり、成長ホルモンが減少すると頭皮環境が乱れます。そのため、睡眠はしっかりと確保することが大切になってきます。

特に、髪の毛に良いとされる成長ホルモンが最も分泌されるのが22時~深夜2時帯です。この時間帯に就寝することで、より効果的に頭皮環境を整えることが出来ると言われています。

⑥たばこはなるべく控える

たばこを吸うと多くの有害物質が体内に影響を与えてしまいますが、頭皮や髪の毛も例外ではありません。特に問題なのがたばこに含まれているニコチンです。この成分には血管を収縮する効果があり、血行不良を引き起こしてしまいます。

⑦紫外線対策をする

紫外線には、頭皮を乾燥させたり、光老化(頭皮の老化)、酵素酸素を蓄積させたりなど頭皮環境を乱す働きがあります。そのため外出の際は、帽子で紫外線を防止する、なるべく木陰の中を移動するなどで頭皮への直射日光を避けることが予防にも繋がります。

⑧飲酒はなるべく控える

飲酒後、体内に入ったアルコールは肝臓で分解されて水・二酸化炭素になる過程で、男性ホルモンを増加させる作用がある【アセトアルデヒド】という物質を発生させます。つまり過剰な飲酒は男性ホルモンと密接に関係しているAGAの症状を悪化させる可能性が高いのです。

そのため、飲酒量が多い場合はなるべく量を減らす、控えることが大切になってきます。

⑨育毛剤を使用する

手軽に行える薄毛の改善方法として育毛剤が挙げられます。医師の処方がいらず、入手方法も使用も比較的簡単に行えるため、多くのユーザーが使用しています。しかし、流通している薬剤の中には、成分が不確かなものも多く、効果が実感できないなどのケースも少なくありません。そのため、育毛剤を使用する場合はその成分に注目することが大切です。

※厚生労働省が認可した育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」

「毛を育てる」

厚生労働省が認可している有効成分「センブリエキス、グリチルリチン酸、塩酸ジェフェンドラミン」の3種類が含有されていて、その確かな効果から定評があるチャップアップ(CHAPUP)は、その成分にこだわった育毛剤です。

一切の添加物や香料もなく、植物由来の成分を55種類、アミノ酸由来の成分を15種類配合しており、頭皮に優しく、かつ効果をしっかり実感できるようになっています。

チャップアップ公式サイト

若ハゲは早期対策するのが大切

若ハゲの治療は早期対策が非常に大切です。抜け毛や薄毛といった症状は、基本的に様々な原因が複雑に絡みあって発症していることも多く、そのケースに合わせた対処を迅速に行わないと、どんどんと症状が進行していってしまいます。

対策法をしっかり行っても若ハゲになってしまった場合

対策を3ヶ月以上行っても効果が感じられない、むしろ以前よりも薄毛箇所や抜け毛が増加してしまった方は、早急にクリニックの診断を受けてください。

特に、冒頭で述べたAGAにかかってしまっている場合、自然回復することはなくそのまま放置すると症状が進行してしまいます。そのため、クリニックで自身の状態に適した治療を継続的に行うことで、目に見える改善を期待することが出来ます。

若ハゲで悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。
若ハゲという悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*