女性の抜け毛について|原因やセルフケア方法、懸念される病気など徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は男性と同じように髪の毛のことで悩む女性が急増し、専用のヘアケアアイテムもたくさん販売されています。しかし、そうした女性の抜け毛にもいくつか種類があり、原因や症状、対策方法も違ってきます。

そのため、自身の抜け毛に適した対策方法や治療法に取り組むことが大切です。そこで今回は、そんな女性の抜け毛について徹底的に解説していきたいと思います。

抜け毛女性の症状と特徴

同じ脱毛症状でも男の人と女の人は色々な違いがあります。生えたり抜けたりを繰り返すことは共通していますが、男性の方が薄毛や抜け毛の症状がはやく進行する特徴があります。

その大きな要因は「男性ホルモン」です。このホルモンが毛根の細胞を刺激してしまうことで髪の毛が十分に生えることなく抜けてしまいます。その点において、男性よりも女性の方が男性ホルモンは少ないため、進行する速度が違うのです。

また、抜け毛や薄毛の進行の仕方にも特徴があります。男性は頭皮が見えるほど抜けてしまうのに対して、女性は全体的なボリュームが少なくなっていきます。

抜け毛女性の原因

加齢

加齢の影響で薄くなってしまうことがあります。一般的には年齢を重ねるごとに、前述した女性ホルモンの分泌量も減っていくことで抜け毛が進行します。特に閉経がきっかけで脱毛症を発症するケースも多く、女性ホルモンが分泌されにくくなることで男性ホルモンが優位になって、抜け毛症状が現れてしまいます。

妊娠・出産

妊娠や出産によって女性の身体は大きく変化しますが、ホルモンバランスも激しく乱れます。特に出産をしてからしばらくすると抜け毛が多くなるのは、このホルモンバランスが崩れていることが原因です。産後半年もすれば少しずつ健康な髪が生えてくるため、この場合の抜け毛や薄毛は一時的な症状と言えます。

遺伝

抜け毛は遺伝的な要素も影響すると言われています。特に父方より母方の祖父母に影響を受けることが多く、こうしたケースでは孫も薄毛になる確率が高いことが分かっています。

しかし、こうした遺伝で必ず薄毛になるとは限りません。

食生活の乱れ

普段の食事が不規則で栄養バランスが乱れている場合も髪の毛が抜けやすくなります。特に脂質や糖質を毎日大量に摂取していると、健康な髪を生やし育てるための栄養が足りず、油分過多の食事によって薄毛が進行する恐れがあります。

健康な頭皮を育むための栄養が足りなければ、髪や毛根は栄養不足に陥ってしまいます。また、皮脂の過剰分泌によって頭皮が不衛生な状態になってしまうことも考えられ、その結果髪も抜けやすくなってしまいます。

睡眠不足

慢性的な睡眠不足が続いている女の人は薄毛になる傾向があります。

睡眠中に分泌される成長ホルモンは新たな髪を生やしダメージを受けたキューティクルや毛根を修復してくれる効果があります。しかし、睡眠時間が短い場合は、こうした成長ホルモンを十分に分泌することができません。

ストレス

ストレスフルな環境で生活している女の人は薄毛トラブルに用心する必要があります。ストレスを強く受けた状態が続くと、自律神経も乱れ、頭皮の毛細血管も収縮してしまい、血の流れも淀みがちになってしまいます。

髪のパーマやカラーリング

女の人は男性よりもパーマやカラーリングのおしゃれを楽しむ機会が多く、そのために頭皮が深刻なダメージを受ける可能性があります。

まだ髪の毛も丈夫な10代や20代はそこまで問題がなくても、今までのダメージが蓄積することで、30代以降に突然脱毛が始まることも珍しくありません。薬剤で髪の毛を伸ばしたりカラーリングを行ったりすることで、キューティクルのみならず頭皮の皮膚組織にも大きな負担をかけてしまいます。

紫外線

紫外線による抜け毛や薄毛も考えられます。顔や手足は日焼け止めでケアしても頭の紫外線ケアまで徹底している女性はそこまで多くありません。

こうした紫外線ダメージは、蓄積すると髪が抜け落ちるほど髪と頭皮を疲弊させます。特に日光が直接当たってしまうつむじから禿げてしまうケースもあります。

タバコ・アルコールの過剰摂取

喫煙女性は非喫煙女性よりも髪が薄くなる傾向があります。また、お酒も薄毛の原因になるので、過剰な飲酒や喫煙が習慣的になっている女性は薄毛、抜け毛になりやすいと考えられます。

・タバコの影響

タバコのニコチンは、血管を収縮させ血の巡りを悪化させます。血行不良のせいで必要な栄養素が補充されないと、髪がしっかり成長する前の細く短い状態で抜けてしまいます。

・飲酒の影響

飲酒のせいで髪の毛が抜けやすくなるのは、アルコールを分解するためにアミノ酸が消費されてしまうためです。アミノ酸は髪の毛の主成分であるケラチンの生成に欠かせないため、薄毛対策のためには飲みすぎは厳禁と言えます。

過剰なダイエット

太り過ぎも健康によくありませんが、過剰なダイエットのせいで薄毛、抜け毛のトラブルが起きてしまうことも考えられます。

特に亜鉛やビタミン、タンパク質は健康な髪を育てるために欠かせない栄養素ですが、ダイエットのために摂取されなくなると、栄養不足に陥ってしまい髪の毛の量が減ってしまう恐れがあります。

抜け毛を改善するためのセルフケア方法

①睡眠

髪の毛を少しでも増やしたいのであれば、まずは睡眠の質や時間を見直すことが大切です。

午後22時から午前2時までの時間帯は、髪の成長や修復のために大活躍する成長ホルモンがたくさん分泌されるゴールデンタイムと言われています。そのため、この時間には就寝するように心がけることが大切です。

また、睡眠の質にも重要になってきます。深い良質な眠りを得るためにも、ハーブティーを飲んだりヒーリングミュージックを聴いたりして、入眠前のケアを行ってみましょう。その結果、副交感神経が優位になることで毛髪にとってもいい環境を作ることが可能です。

②バランスいい食生活

バランスのいい食生活を心がけることも大切です。特にアミノ酸や亜鉛、ビタミン類、タンパク質をたっぷりと補うことが大切です。

ケラチンはナッツ類、ビタミンはトマトなどの野菜類、アミノ酸やタンパク質は鶏肉などの肉類や魚介類に多いので、意識して献立に取り入れてみて下さい。また、その際はバランスよく食事を行うことが重要です。

③頭皮ケア

美容師さんに頭皮が硬いと指摘された経験のある方も多いかも知れません。そんな時は頭皮ケアも抜け毛の効果的なケア方法の1つです。

頭皮が硬化していると毛細血管の循環も悪くなり毛根まで必要な栄養が届きにくくなってしまうため、積極的に頭皮マッサージを行い血の巡りをよくしましょう。

④過度な飲酒と喫煙を控える

薄毛対策では、過度な飲酒や喫煙を控えることも大切になってきます。特にタバコはアルコール以上に薄毛トラブルを招きやすいだけでなく、肌年齢も老化させてしまう作用もあるため、極力控えることが大切になってきます。

⑤ストレスの解消

ストレスを抱えていると自律神経が乱れて血流が滞ってしまい髪も抜けやすくなります。

そのため、趣味に没頭する時間や友達と気兼ねなく過ごせる時間を作ることで、こうした自律神経を整えることが出来て、結果的に正常な発毛を促進する作用も期待できます。

⑥適度な運動

適度な運動も抜ける毛を減らすために効果的な対策方法です。運動不足状態が続くと血流も悪くしてしまうため、毛根まで栄養が行き渡りにくくなります。

ストレッチやウォーキングなど軽い運動でも、全身の血の巡りがよくなり頭皮の毛細血管にもよい影響を与えます。また身体を夢中で動かすことはストレス解消にも効果的なので、一石二鳥です。

⑦自分に合ったシャンプーを使用する

洗浄力が強いシャンプーを使用してしまうと肌に必要な皮脂まで落としてしまい、肌が皮脂を出そうと働きます。それにより、汚れがつきやすくなり細菌や炎症が起きやすくなるのです。このような症状が起こると毛根が弱まり抜け毛の原因となります。

このような状況を避けるためにも、薄毛に悩んでいる場合はアミノ酸系のシャンプーを使用すると良いとされています。このアミノ酸は皮膚や髪の毛を生成するたんぱく質の成分です。そのため、皮脂を余分に落としてしまうことなく、しっかりと洗浄した上で毛髪を労わることが出来ます。

※髪と頭皮に着目した「CUシャンプー」

「奇跡のシャンプー」
5種類のアミノ酸系洗浄成分のみで実現した絶妙な配合で構成された「CUシャンプー(チャップアップシャンプー)」はしっかりと洗浄しつつ、髪と頭皮を健やかな状態に保つことが可能なノンシリコンシャンプーです。

オーガニックエキス10種を配合してるほか、RO(逆浸透)膜による純度の高い水を使用しているなど随所に身体へのこだわりが見られ、髪の毛のハリやコシを与えることでボリュームアップを図ります。

チャップアップシャンプー公式サイトはコチラ

⑧帽子などで紫外線対策をする

紫外線は髪と頭皮によくないため、薄毛を食い止めるためにもUV対策はおろそかにしないようにしましょう。

帽子や日傘などで直射日光から頭皮をガードする対策も効果的です。また、最近はUVケア用のヘアスプレーなども販売されているので、こうしたアイテムを活用して頭の紫外線対策を入念に行いましょう。

急に抜け毛が増えたら病気の前兆

髪は生えたり抜けたりを繰り返すので、毎日少しずつ抜け落ちていくのは自然な現象です。一般的には1日に平均50本から150本抜けるとされています。

ただ、明らかに抜ける量が増加したら何らかの病気のサインかも知れません。少しでも気になるのであれば、早めにクリニックに相談する必要があります。

女性の抜け毛病気

円形脱毛症

ストレスと密接な関係にある円形脱毛症は、女の人にとって身近な脱毛症です。また、ストレスだけでなく免疫細胞の異常や遺伝要素も指摘されています。いずれも最初は円形にくり抜いたように髪が抜け落ちるのが特徴的で、ひどくなると円形のハゲがあちこちにできて、広範囲にわたり髪の毛が抜け落ちてしまうこともあります。

セルフケアだけで対処するのは難しいので、クリニックで診て貰う必要があります。

FAGA

女の人がなるFAGAは女性ホルモンの分泌量が減ることが原因で発症することが大半です。女性ホルモンの一種であるエストロゲンが分泌されないと男性ホルモンが優位になり、薄毛症状が起きやすくなります。

このFAGAの場合、頭皮全体が禿げ上がることはなく、髪1本1本が細くなり全体的に薄くなるのが特徴的です。女性なら30代以降、いつ発症してもおかしくありませんが、最近は過度なダイエットやピルの使用、不摂生によって若い年齢でFAGAになるケースも増加しています。

甲状腺機能亢進症、低下症

甲状腺機能亢進症や低下症が原因で髪が抜け、悩んでいる女の人も少なくありません。甲状腺機能亢進症は代謝力が活発になりすぎるせいで抜け毛が起こる甲状腺の異常です。一方、甲状腺機能低下症は肌の新陳代謝がいちじるしく低下することで肌が乾き、頭皮も硬くなって抜ける毛の量を増やしてしまう病気です。

どちらも難しい病気なので完治までの道は険しいものの、早めに治療に取り組むことで早めの改善が期待できます。

梅毒性脱毛症

性病と薄毛はすぐに結びつかないかたも知れませんが、梅毒性脱毛症のように脱毛症状が起きる性病もあるので頭に入れておく必要があります。

梅毒が原因で発症する梅毒性脱毛症は、抜け方の特徴が円形脱毛症によく似ています。そのため、薄毛に気がついても疲労やストレスによる円形脱毛症と思い込み、受診が遅れるケースが目立ちます。放置していても改善することは少ないため、できるだけはやく病院を受診し治療に取り組みましょう。

膠原病

膠原病も女の人に多い病気です。この病気の初期症状である【薄毛】から異常に気づき病気が見つかることもあります。慢性関節リウマチや多発筋炎など膠原病に分類される病気はいくつかありますが、いずれにしておおもとの原因は自己免疫異常です。

免疫細胞に異常が生じ発症する病気はまとめて膠原病と呼ばれます。どんなメカニズムで発症するのか、詳しいことは突き止められていませんが、抜け毛もそのうちの典型的な症状です。

脱毛症の恐れがあるならクリニックで診察してもらうことが大切

ここまで紹介したように、抜け毛が考えられる女性の病気も様々なものが考えられます。こうした病気は、似ている症状が出るもの多く、自己判断で対処することは難しいと考えられます。

そのため、少しでも「抜け毛かも…」と感じたら、早めにクリニックに相談することが大切になってきます。すぐに治療に取り掛かることで、症状を長引かせずに改善させることも期待できます。

抜け毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。

抜け毛という悩みを解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*