女性の抜け毛の原因とは?知っておきたい7つの要因について徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の抜け毛には様々な原因が存在します。薄毛や抜け毛の悩みを解消したいのであれば、まずはどのような原因で起きてしまっているかをしっかりと把握することが大切です。

そこで今回は、そんな女性の抜け毛の原因に注目して、知っておきたい症状をご紹介していきたいと思います。

女性の抜け毛の原因

①ホルモンバランスの乱れ

女性の抜け毛の原因としてホルモンバランスの乱れが挙げられます。妊娠や出産などで乱れることがあり、出産後3か月ほどは抜けやすくなるケースが多く見られます。

黄体ホルモンであるプロゲステロンと、卵胞ホルモンのエストロゲン、この2つで女性ホルモンは成り立ちます。妊婦の時にはどちらの量も維持されますが、出産後は大量のホルモンは不要となり、通常時のホルモン量より少なくなります。その際に、変化が急激であるために髪の毛は抜けやすくなってしまいます。

また、妊娠や出産以外にも、日常生活の中でのストレスなどで乱れてしまうこともあります。

②血流の低下

喫煙などによって血流が滞ってしまうと抜け毛が増えてしまうと言われています。毛髪を強く丈夫に保ち育てるためには栄養が必要になりますが、それらは血液により運ばれているため、血流が悪ければ栄養が届きません。

特に喫煙はニコチンによる血管収縮に働きによって血流はどんどん悪くなるので、頭皮にまで栄養が届かなくなってしまいます。

③不規則な生活

女性の抜け毛の原因について不規則な生活も非常に大きな影響を及ぼします。

睡眠不足になると自律神経が乱れて血管の収縮が起こり、血流が悪くなることで栄養が行き届きません。また運動不足は筋肉を固まらせてしまうので、やはり血流の悪化を招きます。

食生活も、加工食品や動物性たんぱく質や砂糖、炭水化物を多く食べる生活、過食などは栄養が偏ってしまい薄毛の症状が進行してしまいます。

④過度のダイエット

過度なダイエットなどを行うことで、栄養不足を引き起こしてしまい、抜け毛が増えてしまう可能性があります。生きていくために必要な栄養を摂取しなくなると、身体は生命に関わる臓器や細胞に優先的に栄養を回します。

よって髪の毛には栄養が足りなくなってしまい、髪の毛が抜けやすくなってしまいます。また、ハードなダイエットはホルモンバランスを乱れさせてしまうことも考えられ、注意する必要があります。

⑤特定の疾患によるもの

膠原病に甲状腺疾患、婦人科疾患や鉄欠乏性貧血などが発症した場合、抜け毛が増えてしまう可能性があります。

こうした症状は病院で診断・治療を行うことで改善されるため、しっかりと治療を行う必要があります。

⑥加齢

女性の抜け毛の原因として加齢も挙げられます。40代も後半に入ると老化の影響を受けるため、毛母細胞の働きも衰えていきます。

また、更年期になると急激に女性ホルモン分泌が下がるので、かえって男性ホルモンが優位になり、髪の毛は抜けやすくなります。

⑦遺伝

女性の抜け毛の原因として遺伝も考えられます。特に両親が2人とも薄毛遺伝子を持っていると、子供にも遺伝をする可能性が高くなります。

また、食生活や生活サイクルが似てくる関係で、前述した生活習慣による抜け毛なども考えられます。

抜け毛で悩んでるならまずはカウンセリングから

表参道スキンクリニックでは、頭皮や毛髪の悩みに寄り添った丁寧な治療を日々心がけています。また、状態に応じて様々な治療法を提案できる医師のいるクリニックです。
抜け毛を解消したいのであれば表参道スキンクリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*